M1チップ搭載のMacBook Air(M1、2020) の実機レビュー。場合によっては最上位のMacBook Pro 16インチに匹敵するような性能で、かつ非常に消費電力が低い画期的な製品。ただし、LTEに対応していない点と、重い点はデメリット。 MacBook Proの13インチを検討しようとAppleのページに入りました。 それでキーボード選択についてアドバイス頂けたらと思います。 私は今まで仕事(文書を作ったりする程度)でWindowsマシンばかり使っていました。 (上:以前から持っていたMacBook Air 11インチ、下:動画編集で使用しているMacBook Pro 13インチ) 私が以前から持っているMacBook Airと並べてみましたが、 大きさはそこまで変わりません。 13インチは15〜16インチに比べると軽いため Apple Silicon“M1”チップを搭載した新型Macが3モデルとも、外付けGPU(eGPU)に対応していないことが判明しました。 つまり、動画編集のためにMacBook Proを買ったという感じですね。 で、今は動画編集のメインはMacBook Pro2020 13インチ(i5、メモリ32GB)を使っています。 もともとリモート合奏動画なんかは容量も大きかったので、iMacでやるよりMacBook Proでやったほうが早かったのであまり気にならな … MacBook Air(M1)でも快適に動画編集することができるので、MacBook Pro 13インチ(M1)を選ぶメリットはどこにあるのか? MacBook Pro 13インチで動画編集. MacBook Pro13インチと16インチを徹底比較!画面サイズや大きさ、スペックの違いを解説します。動画編集やDTM、プログラミングにおすすめのモデルもご紹介。MacBook Proどちらのモデルを買おうか悩んでいる方必見です。 MacBook ProのGPUはどれを選ぶのが正解なのか。CPUがコンピューター全体の司令塔だとしたら、GPUはグラフィックに特化した司令塔。13インチモデルには「Intel Iris Plus Graphics」が搭載され、15インチモデルには「Intel Iris Plus Graphics」に加えて、「Radeon Pro」が用意されている。 CD/DVDドライブ付きで容量も大きいため動画編集や音楽編集に便利です。 カメラ内蔵型なのでZOOMやMEETなどのオンライン会議でも使えます。+3万円でSSD2TBに変更、+1万円でバッテリーを新品に交換可能です。 Windows10 Proをインストール済み(Mac/Window かつて使っていたのはMacBookProの13インチです。 この13インチMacBook Proには弱点がありました。 動画編集に弱いという点です。 それもそのはず、それは2014年のモデルだったからです。 そこで奮発して16インチの現時点での最高モデルを買いました。 電池持ち重視ならMacBook Pro. 2020年11月17日に新型のMacBook Airと13インチMacBook Proが発売されました。MacBook(マックブック)シリーズの4モデルをサイズ・スペック・価格などを比較して、おすすめのMacBookをご紹介しま … こちらの動画ではM1チップを搭載したMacBook Air(8GB)とMacBook Pro 13インチ(16GB)で色々と比較しています。 M1モデルはメインメモリの容量の違いで動作速度が変わることはほぼないです。 Final Cut Proは有名な動画編集ソフトですが、一世代前の13インチMacBook Proと比べると M1チップモデルは2.8倍の性能 となっています。 もちろんこの世のすべての処理で3倍近くの性能の向上を実現できているわけではありませんが、あらゆる処理が更に快適になっていることに間違いありません。 初のApple Siliconこと 「M1チップ」 は、とんでもないモンスターだ。性能が高いだけではなく、電力消費が少なく発熱も少ない。同チップを搭載したMacBook Proは、従来からは信じられないほど大きな進化を遂げた。 そのM1チップは、同時に発売した新型MacBook 技術ジャーナリストで映像技術者でもある小寺信良さんに、業務で使う動画編集でM1搭載MacBook Airがどの程度使えるのか、検証してもらった。 (1/4) まあ、MacbookとiPadじゃ用途が違うのでなんとも言えないですが。 また今回Proの16インチは更新されませんでした。 特に16インチは動画編集目的で買う人が多いと思いますが、ソフトも含めM1チップではまだ実用に耐えられないということでしょうか? Appleが11月11日のイベントで独自設計のAppleシリコンM1チップを搭載した13インチの新型MacBook Air/ Proを発表!とってもパフォーマンスがアップしているとのこと! 11月11日早朝に、Mac用Appleシリコンこと「M1」を使った「MacBook Air」「MacBook Pro」「Mac mini」が発表された。インテルのCPUから脱却し、自社半導体への移行を進めるアップルの戦略製品だが、M1 … 当サイトにMac買い替えについて問い合わせが増えて来ました。そこでMac購入で迷っている方向けに、2020年の新型MacのラインナップからおすすめMac購入のヒントをご紹介します。 さらには中古Macにいたるま […] みなさんこんにちは。 すけたろう 週末ブロガーのすけたろうです。 今回はMacbook Proに32GBのメモリーが必要かどうかについて書いていきたいと思います。 fa-list-ul このペー 出先で、MacBook Pro 16インチは、重たいしデカかったので、13インチの方が扱いしやすく使いやすいので、今回のM1チップは買いです。 AirにするかProにするかは、悩ましいところではありますが、バッテリー持ちが2時間多いProの方を選択することにします。 13インチMacBook Pro 「13インチMacBook Pro」は、MacBook Airと同じ13.3型のディスプレイを搭載する高性能なモデルです。500ニットの明るいディスプレイや「Touch Bar」、Apple M1チップを冷却するファンを搭載するのが、MacBook Airとの大きな違いです。 MacBook Proの15インチモデルは標準で16GBのメモリ(RAM)が搭載されているが、13インチモデルは8GBが標準。12インチ型のMacBookも同様。22,000円の追加で16GBにする必要は?本記事では、Macのメモリ(RAM)は8GBにするべきか、16GBにカスタマイズするべきかについて解説する! メインPCとして動画編集もバリバリ行うなら『MacBook Pro 16インチ』 それなりの写真編集やメインPCとして使いたいなら『MacBook Pro 13インチ』 あとはネットサーフィンや音楽管理、写真管理などがメインであれば『MacBook Air』や『MacBook』でも十分すぎるスペックです。 2020年モデルのMacbook Pro 13インチの2ポート、4ポートモデルを徹底比較してどちらを購入するべきかを検討します。下位モデルも依然として購入を考えても良い魅力的なMacbookです。 MacBook Proで動画編集できるの? 動画編集するならどれくらいのスペックが必要なのか。。簡単とがっつり動画編集するならどれくらいだとMacBook Proのスペックはどれくらい差が生じるのか知りたい。・macbook pro 動画編集できる!?どれくらいのスペックが必要なの! 最新のM1チップがついてるMacBookを買うか検討しているんですが、MacBookProかMacBookAir(どちらも13インチ) どちらがいいと思いますか?動画編集に使いたいと思ってますまだ映像を勉強し始める段階なのでそこまで高度な編集はしないと思います 2020年11月時点の MacBook Pro13インチにはApple独自のCPUであるM1チップを搭載した機種と、今まで使われていたIntel製のCPUを搭載した機種の2種類が存在 します。. MacBook Pro 13インチ2020年モデルの特徴. 動画編集を多用する小寺信良さんのM1 Mac選びのポイントは? ... 筆者も最後に買ったMacが、2016年のMacBook Pro 13インチ、TouchBar搭載モデルである。 Apple M1チップ搭載13インチMacBook Pro試作モデル、 1.7GHzクアッドコア Intel Core i7搭載13インチMacBook Pro 量産モデルを使用し、2020年10月にAppleが実施したテスト結果によります。すべてのシステムに16GBのRAMと2TBのSSDを実装。