日本本土侵攻を避ける為にも早期終戦にも原爆は必要なかったこと、原爆以外の容易な外交的手段がありトルーマンはそれを知っていたこと、原爆はアメリカの若者50万人の命を救ったというこけの生えた主張に全く根拠がない、という点で我々研究者達の意見は一致した。」とも発言している。 マンハッタン計画に参加した米国の研究チームは、ナチス・ドイツが降伏した後の1945年7月に原爆実験を成功させていた。 トルーマン大統領は、ヘンリー・スティムソン陸軍長官が議長を務める諮問委員会に、日本に対して原爆を使うべきかどうか判断するよう指示していた。 「当時の委員会は、攻撃を支持する見解でほぼ一致していた。スティムソン氏は断固として原爆を使用すべきという意見だった」。米ミズー … 日本の原爆開発が本格化した頃、当時の首相、『東条英機』がその旨を昭和天皇に上奏した。 彼は、「起死回生の決定打として、天皇に喜んでいただける」・・・と思っていたようだ。 しかし、 昭和天皇は『意外に強い口調』で反対されたという。 戦時中「新型爆弾」と呼ばれた原爆の日本での開発史、特に海軍主導の研究は戦後社会でほとんど伝えられてこなかった。どのような研究だった� MMT 」、「日本再興 MMT」、「日本再興 反緊縮」、 「日本自立再生 反緊縮 」、「日本自立再生 MMT」、「日本自立 反移民」、「日本再生 反移民(政策)」、「日本自立再興 反緊縮」。, 「 日本の自立再興 」、 「 日本自立再生 」、 「 自立再興 」、「日本自立再生 アメリカのこの極秘プロジェクトが原爆を開発し、それが1945年8月、広島と長崎に投下され、数多くの犠牲者を生んだ。 原爆投下の数日後、日本はポツダム宣言を受諾、無条件降伏をし、実質的に第二次世界大戦が終わった。 手紙を書いたのは日本が一度だけ真剣に原爆開発に取り組んだ「二」号研究の責任者に仁科芳雄(1890-1951)。 45年。 8月7日夜、前日広島に投下された「新型爆弾」の実地調査に出向くよう命じられ、同僚に残しまたものだ。 Registration on or use of this site constitutes acceptance of our. 以上の経緯を経て、後記(注3)のロバート・ウイルコックスによれば、日本は戦争末期に核爆発装置を完成させ、1945年8月12日早朝、北朝鮮ハムフンの興南沖水域で原爆実験を行い成功させた。海上爆発特有の「きのこ雲」の発生を日本人士官が証言し、その他にも数多くの状況証拠が存在する。 そして、原爆の原料である天然ウランは主として北朝鮮で採掘精錬し、当時北朝鮮の興南にはアジア最大の日本の軍需工場があり、原爆製造に不可欠な日本の世界最大級の発電所があった。原爆の開発には大量 … 反核に生きた天才. Here's what he said. Zen Cart [日本語版] : 成功していた日本の原爆実験 [978-4-585-22246-0] - 米国の最高機密情報を増補した第3版を米国に先駆けて出版CIA機密調査班の調査が、日本の核開発はとん挫したという定説を覆す。1945年8月12日早朝、北朝鮮興南沖にて海上爆発に成功していた。 Wilcox: "Japan's Secret War", 。つまり、ドイツ、中国、モンゴル、朝鮮などから良質なウランがもう少し早い時期に入手でき、数ケ月早く、沖縄戦前頃に原爆開発に成功していれば戦局は大逆転。先行使用を認めなかった昭和天皇の意に従いつつ、新たな力を背景に外交交渉による有利な立場で戦争終結に至ったと確実に推定できます。沖縄に集結する米国連合艦隊を一瞬に殲滅できる核戦力を保有した日本との戦闘は直ちに中止したはずです。, 座した状態を脱し、今、自立心に目覚め起立さえすれば諸問題は自ずと解決できます。日本人の潜在力は輝きます。, 『1946 Atlanta Constitution Atom Bomb Articles』. 2018/8/5(日) 9:30 配信. ビジネスリーダーはこれで「俯瞰力」を養おう【音声付】, エヌビディア経営幹部「自動運転トラックでは世界最先端」トゥーシンプルに出資した“3つの決定的理由”, 孫正義氏は後悔しているだろう。2カ月前「たった」1000億円で全て手放したSlack株を, 【速報】アマゾン、アレクサ対応の睡眠監視デバイスを開発。レーダー技術採用、非接触で無呼吸状態を判別, 「アリババは無免許運転」ジャック・マーvs.中国政府の深層。プラットフォーマー締め付けの狙い, 【佐藤優】『逃げ恥』の契約結婚は最大のリスクヘッジ? 次期大統領が正式決定する1月6日に起こること, NewsPicksは経済メディアをDXした。これからは映像メディアの変革を。 佐々木紀彦、退任を語る。, ジャック・マー氏「中国・杭州に身を潜めている」米CNBCの名物記者が「行方不明ではない」とレポート, ノーベル賞経済学者のクルーグマン氏「アメリカ経済は多くの人が考えているよりもずっと早く、力強い回復を見せるだろう」, 写真で見る、アメリカ大統領選をめぐる混乱...... トランプ大統領の支持者らが議事堂内に侵入、議会は一時中断するも再開[更新], 2年間買い手が付かず、オークションに...ビリオネア所有のビバリーヒルズの豪邸を見てみよう, アマゾンでも買えるようになる? しかし、実のところ原爆を開発し、使用しようとしていたアメリカには様々な選択肢があった。有馬氏は以下のように論点を整理している。 「『原爆を日本に使用すると決定した』イコール実際に広島や長崎に投下されたように、『女性も子供も沢山いる人口が密集した都市に無警告で使うこ� 木走正水 昨夏、中国メディアが日本は核実験なしで核兵器を作り、短期間で中国以上の核兵器大国になる能力があるとして警戒を呼び掛ける論説を掲載した。中国の軍事専門家の指摘は本当なのか、木走正水が考察する。 短期間で「世界第3位の核兵器保有国」になれるのか 田中英道 日本の原爆実験は北朝鮮・興南で成功していた(1945年8月12日)今回は特別編として、『成功していた日本の原爆実験―隠蔽された核開発史』にある真実、と題しお届けします。この話を聞いて「嘘だ」という人と「真実だ」という人に分かれる傾向があるようです。 1939年頃のアインシュタイン(左)と、1971年10月のフランス領ポリネシアでの核爆発(右)。, MPI/Getty Images/Michel BARET/Gamma-Rapho via Getty Images, 第二次世界大戦が勃発する1カ月前の1939年8月2日、ドイツ出身の物理学者アルバート・アインシュタインはアメリカの大統領フランクリン・D・ルーズベルトに宛てた、2ページにわたる書簡に署名した。これがアメリカを核軍拡競争へと引き入れ、歴史を変えることになった。, アインシュタインは当時、ナチスが権力を掌握したドイツを逃れ、すでにアメリカにいた。そして、ドイツの科学者たちが「核分裂」を発見したことを知った。, 書簡は、この発見によって「新しいタイプの極めて強力な爆弾」が作られる可能性がある —— そして、爆弾は港とその周辺地域全てを破壊し得る —— と、ルーズベルトに警告した。, のちにアインシュタインが「大きな誤り」と呼ぶことになるこの書簡は、ルーズベルトにアメリカにおけるウラン研究を加速させるよう求めた。, アインシュタインの警告は、アレクサンダー・ザックス(Alexander Sachs)によってルーズベルトに伝えられた。爆弾に関する同様の警告を伝えたのもこの人物だと、当時のニューヨーク・タイムズが報じている。, ルーズベルトはこう言った。「アレックス、君が望むのはナチスが我々を吹き飛ばさないことか」, 世界初の核爆発によるキノコ雲の写真(ニューメキシコ州アラモゴード近くのトリニティー試験場、1945年7月)。, ユダヤ人のアインシュタインは、ハンガリー生まれの物理学者レオ・シラード(Leo Szilard)の勧めでルーズベルトに書簡を書いた。シラードは、この新たに発見された技術をドイツが武器を作るのに使うだろうと考えていた。, シラードと、ハンガリーの物理学者でともに難民となっていたエドワード・テラー(Edward Teller)とユージン・ウィグナー(Eugene Wigner) は、彼らの深刻な懸念をアインシュタインに伝えた。ルーズベルトに宛てた書簡を書いたのはシラードだが、署名したのはアインシュタインだった。これは最も権威があるのはアインシュタインだと彼らが考えたからだ。, March Of Time/The LIFE Picture Collection via Getty Images, アトミック・ヘリテージ財団のプレジデント、シンシア・ケリー(Cynthia Kelly)は2017年、ナショナルジオグラフィックに対し、アインシュタインの有名な"質量とエネルギーは形の異なる同じもの"という発見がこうした武器開発の土台を作った一方で、「彼は間違いなく、この理論を武器として考えてはいなかった」と語った。, そして、アインシュタインはエネルギーがいかにして利用できるかについて詳細を明らかにしたことはなく、かつて「自分自身を原子エネルギー解放の父とは考えていない。わたしが果たした役割は非常に間接的なものだ」と語っていた。, アインシュタインの書簡は、効果があった。ルーズベルトは1939年10月、アインシュタインの書簡を受け取った同じ月にウラン諮問委員会(Advisory Committee on Uranium)を作った。この時点で第二次世界大戦は始まっていたが、アメリカはまだ関与していなかった。, 諮問委員会はその後、マンハッタン計画へと姿を変えた。アメリカのこの極秘プロジェクトが原爆を開発し、それが1945年8月、広島と長崎に投下され、数多くの犠牲者を生んだ。, 原爆投下の数日後、日本はポツダム宣言を受諾、無条件降伏をし、実質的に第二次世界大戦が終わった。, ナチス・ドイツは核兵器を開発しなかった —— 本格的に開発しようとしたこともなかったようだ。, アインシュタインは原爆の開発には携わっていない。ドイツ人で、左派寄りの政治活動家であったことから、アインシュタインは安全上のリスクが高すぎると見なされ、マンハッタン計画への参加を許されなかった。, だが、日本で原爆が投下されたと聞いたとき、アインシュタインは「なんということだ」と言った。, その後、アインシュタインは「ドイツが原爆の開発に成功しないと知っていたら、爆弾のために何かをすることはなかっただろう」と語っている。, 「我々はこうして前代未聞の大惨事へと徐々に向かっていった」とも、アインシュタインは警告した。, アメリカの大統領ルーズベルトと会談するイギリスの首相ウィンストン・チャーチル。この会談で、両首脳は原爆に関する計画を決めた(1942年6月)。, Keystone-France/Gamma-Keystone via Getty Images, 2005年に公開された手紙で、アインシュタインは日本人の友人に対し、「わたしは日本に対する原爆の使用を常に非難してきたが、わたしはあの運命の決断を阻止するために何もできなかった」と書いている。, また、1952年には日本の雑誌に「こうした実験が成功すれば、全人類にとって恐ろしい危険となることを十分認識していた」と書いた。, ※この記事はもともと2019年8月6日に公開されたもので、タイトルの一部を更新して改めて公開したものです。, [原文:Albert Einstein wrote to the US pleading with the government to build an atomic bomb 80 years ago. Wilcox: "Japan's Secret War"で再び、世に知られるようになった。, ※公式には1941年12月17日が日本の原爆開発計画開始とされるが、原爆の着想は7年前の1934年とされる。, ※旧ソ連、またロシアとなってもこの件について不定する報道はない。ロシア、中国、北朝鮮も事実としての報道が為されてきた。, 原爆開発以外にも、終戦時に於いて米国を凌ぐ性能の戦闘機類や戦車等も開発されていたが、国力の差により大量生産&実戦投入には至らなかった。, 米国の謀略により、不本意ながら自存自衛の為に踏み込んだ対米戦争ではあったが、戦後洗脳され流布された「全く勝ち目のない無謀な侵略戦争突入」という愚かな日本ではなかった。一定の勝算を抱いての参戦であったというのが正しい見方と言えます。, 有色人種解放の大戦争でもあった大東亜戦争でしたが、当初の対米国戦回避&英仏欄占領東南アジア地域攻略計画(陸軍秋丸機関立案に基づく昭和16年の国策)であれば十分勝利が見込めた(各国の軍事専門家)とされ、結果的に想定外の調略に堕ちた対米戦と言えども、もし日本の原爆開発が6カ月程早ければ軍事力の逆転勝利を踏まえた優位な戦争終結となったはずです。つまり、ドイツ、中国、モンゴル、朝鮮などから良質なウランがもう少し早い時期に入手でき、数ケ月早く、沖縄戦前頃に原爆開発に成功していれば戦局は大逆転。先行使用を認めなかった昭和天皇の意に従いつつ、新たな力を背景に外交交渉による有利な立場で戦争終結に至ったと確実に推定できます。沖縄に集結する米国連合艦隊を一瞬に殲滅できる核戦力を保有した日本との戦闘は直ちに中止したはずです。, 逆に言えば、日本は昭和天皇の意志に反しての原爆の連続使用での大量殺戮による勝利追求等はしなかったと考えられます。, 原爆実験成功に26日の遅れをとった日本ですが米国と同様に良質のウランを不自由なく手にすることが可能であれば大幅に前倒しの実験成功と実戦配備ができていたのは明白です。純粋な科学力と技術力においてはむしろ米国を凌駕していたと考えるのが自然です。故に戦後米国他戦勝国は日本を恐れ再起を許さないあらゆる洗脳工作と隠された仕組みを施しました。, 戦後70数年、「何が真実で、実際はどうだったか?失敗の要因はなんであったか。どう生かすか」多角的にかつ合理的に真実と向き合い検証する時期にきています。このような証拠に依拠した科学的・合理的再アプローチの積重ねにより左翼や戦勝国史観により歪められ貶められた自虐史感から、正しい誇りある日本人の歴史を取り戻すことができます。そして未来に備えることもできます。, ”きりつ”の読みですが、おきたつ”とも読みます。外界の不快なものから目をそらし座した状態を脱し、今、自立心に目覚め起立さえすれば諸問題は自ずと解決できます。日本人の潜在力は輝きます。, ※YahooやGoogleで 「 自立再生」、 「日本自立 反緊縮」、「日本再生 反緊縮」、「 日本自立 MMT」、「日本再生 61 2016年5月27 【2021年版】楽天、PayPay、LINE Payの「強み」と「課題」...キャッシュレス経済圏拡大中, 【米大統領選】共和党議員が異議を申し立てたらどうなる? 米国は秘密裏の国家的プロジェクトであるマンハッタン計画により原子爆弾が製造され、1945年7月16日世界で初めて原爆実験に成功。広島に同年8月6日・長崎に8月9日に投下した。, 日本も同時期複数の開発計画が進行し、原料の良質なウランの入手ができず開発は遅れた。しかし、米国が実験成功した7月16日から26日後、1945年8月12日に日本も原爆実験に成功した。原爆開発と先行使用については昭和天皇は肯定しなかったとされる。その実験成功の真実は戦後隠蔽されてきました。, このいきさつは米国の軍の戦争調査部の人間が書いた、1946年10月2日のアトランタ・コンスティテューション(Atlanta エストニア発の「箱」のようなホームオフィスをのぞいてみた, マッキンゼー、ベイン...経営コンサルタントと名門ビジネススクールがすすめる必読書23冊, セールスフォースとの戦い、Surfaceの行方、大型買収...マイクロソフトは2021年をどう戦うか。専門家5人の7大予想, 2021年、マイクロソフトとセールスフォースの全面衝突は確実。因縁の「15年戦争」全歴史, 普段本を読まない入山先生を夢中にさせた1冊とは? Albert Einstein wrote to the US pleading with the government to build an atomic bomb 80 years ago. 必ず来る!大震災を生き抜くための食事学-3・11東日本大震災あのとき、ほんとうに食べたかったもの- 8年前; 僕のお父さんは東電の社員です-小中学生たちの白熱議論!3・11と働くことの意味- 8年前; 日本の原爆-その開発と挫折の道程- 8年前 備えておくべきはお金かコミュニティか, 「余計な男のプライドは手放した方がいい」こんまりメソッドのパートナー、川原卓巳さん支えた妻の言葉, 「災害は平等だが結果は平等ではない」READYFOR 支援団体へコロナSOS基金設立, 東京オリンピック開催の可否で状況緊迫か。選手団の「ワクチン優先接種」無理なら中止の可能性, 「VR教育のノウハウも公開していく」ドワンゴ“S高”校長に就任、エンジニア出身30代若手校長に聞く, 写真で見る、アメリカ大統領選をめぐる混乱…… トランプ大統領の支持者らが議事堂内に侵入、議会は一時中断するも再開[更新], トランプ大統領のTwitterアカウントが凍結「3つの投稿のポリシー違反のため」とツイッター社, パナソニック「CES 2021 Webメディア特番」開催決定!メディア編集長がCESの見どころを紹介, マグネシウムで洗剤が不要に。環境にも優しい「洗たくマグちゃん 」はこうして生まれた, 【体験レポート】バイクを漕いだら潮風が吹いた——パナソニックが変える室内時間の過ごし方, Copyright © 2021 Mediagene Inc. All rights reserved. 1945年8月6日午前8時15分、世界で初めての核兵器が、広島に対して使用された。 原子爆弾の恐ろしさは、その被害をもって語られる事が多いが、実は日本でも、海軍を中心として、原爆開発プロジェクト「f研究」が密かに進められていたことはあまり知られていない。 Here's what he said.]. Constitution)の記事。見出しは、「日本は原爆を開発していた。ロシアは(日本の)科学者を捕虜にして連れ去った」。に掲載された。詳細は『1946 Atlanta Constitution Atom Bomb Articles』(☜クリック)に詳しく書かれています。『日本は、終戦の3日前に原爆の核実験を成功させていた……。そして、終戦を知った興南原爆開発施設の日本の科学者たちは、すぐに原爆開発の証拠を隠滅するために施設を爆破しようとしたが、ロシア軍が踏み込んできて施設は残されたままになった……。その後、原爆開発の中心的役割を果たした日本の科学者数名がロシア軍に連行され、消息を絶った……』, 1985年にRobert K. 1945年8月15日に日本が終戦を迎えてから75年が経った。いま、アメリカでは原爆投下の「舞台裏」に迫る歴史ノンフィクションがベストセラーとなっている。ジャーナリストでfoxニュースの番組キャスターも務めるクリス・ウォーレスが、ap通信のミ 知られていない日本の原爆開発。太平洋戦争中の極秘作戦「ニ号研究」の歴史 . 結局日本の原爆開発は最も進んだところでも基礎段階を出ていなかった。 日本は、8月6日の広島市への原子爆弾投下、8月9日の長崎市への原子爆弾投下で被爆し、8月14日にポツダム宣言を受諾した(調印 … 自然界のウランは、主にウラン235とウラン238という2種の同位体(中性子の数が違うが化学的な性質は同じ)で構成される。含有率はウラン235が0.7%、ウラン238が99.3%である。 核分裂を起こすのはウラン235であり、この濃度を高めるために濃縮する(濃縮ウラン)。軍事的な目的では臨界量近くまでに、民事用(発電用)では3%程度にまでに濃縮する。 臨界量とは、核分裂の連鎖反応が持続する最少の質量のことをいう。原爆は、臨界量以下の核分裂物質を、火薬の爆発力を用いて臨界量を超過させ … 米国は秘密裏の国家的プロジェクトであるマンハッタン計画により原子爆弾が製造され、 1945 年 7 月 16 日世界で初めて原爆実験に成功 。 広島に同年 8 月 6 日・長崎に 8 月 9 日に投下した。 日本も同時期複数の開発計画が進行し、原料の良質なウランの入手ができず開発は遅れた。 国防」、「 自立再興 防衛」、「危機 自立再興」、「自立再生 真実の歴史」、「自立再生 日本の歴史」、「自立再生 真実の近現代」等々の検索が為された時に上位表示。, 今後、現在の国難の根幹の問題について関連情報を追加掲載予定。さらに多くの方の目に止まり関心が拡がることを祈念いたします。, 日本も同時期複数の開発計画が進行し、原料の良質なウランの入手ができず開発は遅れた。しかし、米国が実験成功した7月16日から, 。そして、終戦を知った興南原爆開発施設の日本の科学者たちは、すぐに原爆開発の証拠を隠滅するために施設を爆破しようとしたが、ロシア軍が踏み込んできて施設は残されたままになった, 。その後、原爆開発の中心的役割を果たした日本の科学者数名がロシア軍に連行され、消息を絶った, Robert K. 国防」、「 日本自立再生 防衛」、「自立再生 防衛」、「自立再生 国防」、「 自立再興