2018年の出生数(生まれた子どもの数)は91万8397人で過去最低を更新したそうです。 100万人を下回ったのは3年連続です。 また、合計特殊出生率は1.42となり、2017年から0.01ポイント下がりました。 韓国における出生児数・合計特殊出生率・失業率の推移 失業率 3.75 3.48 3.26 3.18 … 厚生労働省が1日発表した2017年の人口動態統計によると、中国5県の合計特殊出生率(1人の女性が生涯に産む子供の推計数)は鳥取が上昇した一方、ほか4県では低下した。5県とも全国平均の1.43より高いが、出生数はいずれも前年に比べ減少した。 中国 - 合計特殊出生率(出産) 1.70 (女性1人当たりの子ども) 、年度: 2019 生存中ずっと、一定期間の出生率(出産)の対象となり、死亡率の対象とはならない場合、生殖期間の終わりまでに、仮説的コホートの女性が生むであろう、子どもの平均数。 注2)合計特殊出生率は小数点第3 位を四捨五入しているので,総数と年齢5 歳階級別の合計が一致しない場合がある。 表-1 母の年齢(5歳階級)別出生数,女性人口及び合計特殊出生率 平成30(2018)年の合計特殊出生率は1.25(前年比0.02の減少)。 Copyright (C) 1995-2020 Japan External Trade Organization(JETRO). 出生数 (人) 271 259 273 297 258 272 249 222 252 188 204 合計特殊 出生率 1.31 1.26 1.35 1.53 1.34 1.52 1.39 1.32 1.45 1.14 1.29 15~49 歳 女性人口 6,132 6,253 6,140 6,107 6,018 5,925 項目 2016 2017 2018 出生数 (人) 190 194 191 合計特殊 出生率 19年の出生率は1.36で4年連続低下、出生数は過去最少の 第2-7表 出生率・死亡率 (pdf:651kb) 第2-8表 平均寿命, (参考表)完全生命表又は簡易生命表による日本の平均寿命 (pdf:633kb) 第2-9表 合計特殊出生率 (pdf:652kb) 第2-10表 労働力人口 (pdf:630kb) 第2-11表 性別・年齢階級別人口・労働力人口・労働力率 (pdf:755kb) 10月12日付で「中国統計出版社」から発行された『“中国統計年鑑2016(2016年版中国統計年鑑)”』には、2015年に行われた小規模な国勢調査である“小普査(人口1%のサンプリング調査)”の結果が掲載されていた。中国の『“全国人口普査条例(国勢調査条例)”』によれば、“人口普査(国勢調査)”は10年毎に実施し、前後2回の国勢調査の中間に当たる5年目に人口1%のサンプリング調査を行うことになっていて、後者を俗に“小普査”と呼ぶ。なお、“普査”は略称で、正式名称は“普遍調査”である。, さて、中国にとって極めて重要な事実が、2015年に実施された“小普査”の結果によって判明した。それは2015年の中国における“育齢婦女(出産適齢女性)”の“総和生育率(合計特殊出生率)”がわずか1.05であるということだった。合計特殊出生率とは、「1人の女性が一生に産む子供の平均数を示す」人口統計学の指標で、15~49歳の女性の年齢別出生率を合計したものである。合計特殊出生率が1.05という事は、中国の「人口置換水準(人口が増加も減少もしない均衡した状態となる合計特殊出生率の水準)」である2.1の半分にも達していないことを意味し、人口が大きく減少する傾向にあることを示している。, 2015年の“小普査”では、全国で15~49歳の出産適齢女性567万人がサンプリング調査を受けたが、567万人は出産適齢女性人口の1.55%に相当する人数である。これら567万人の出産適齢女性が2015年に出産した子供は17万5309人であったが、その構成は、1人目の子供が9.3万人、2人目の子供が6.97万人、3人目以上が1.25万人であった。年齢の異なる出産適齢女性の出産水準に基づいて最終的に算出された2015年の出産適齢女性の合計特殊出生率は1.05であった。, 2015年7月10日に開催された“国家衛生和計劃生育委員会(国家衛生・計画出産委員会)”の定例記者会見の席上で、人口動態について発表を行った“計画育成基層指導司長(計画出産現場指導局長)”の“楊文庄”は、「出生人口は2010年の1592万人から2014年の1687万人に増加し、増加傾向を維持している。合計特殊出生率は1.5~1.65で、幾分上昇している。1人目の子供の出生は減少し、2人目の子供は増加している。2014年における0~14歳の低年齢人口の全人口に占める比率は16.5%で、世界平均の26%より低く、先進国と同じである」と述べた。, この点について、“中国人民大学”社会・人口学部教授の“宋健”は、「10年毎の国勢調査で大量の低年齢人口が調査から漏れ、小学校入学時に突然に大量の学童人口が出現するという現象があるので、これらの統計漏れ率を修正した上で、各種の方法を通じて推計すると、合計特殊出生率はおおよそ1.5~1.6になるが、この水準はここ数年安定している」と述べて、楊文庄が述べた数字を肯定した。, 2015年は未年で、中国では女性に縁起の良くない生まれ年とされています(その内容は日本の「丙午」とほぼ同じ)。日本で1966年(丙午)に出生率が0.5ポイント程急低下し翌年元に戻ったように、2016年の出生率は上昇している可能性があります。ただ、出産を手控えた夫婦がそのまま子供を作らない選択を続けるきっかけとなってしまった可能性も大いに有りうるので、2016年の出生率は要注目ですね。, 非常に喜ばしい。少子化が進むと一人の子供の収入に老後を頼る両親が増える。こうなれば人民軍の兵隊を持つ親は老後を支えてくれるはずの子供が死ぬ戦争に反対するでしょう。まともな世界情報を知りえない多くの中国国民にとって、共産党が起こす軍隊を投入する隣国との紛争は全て中国に正義があると納得させられて賞賛する。しかし、自分の老後の生活という個人の利害の問題になると簡単なプロパガンダでは民衆は扇動されなくなる。, アブダビ、ドバイ、北京、広州での駐在を経て、住友商事総合研究所中国専任シニアアナリストを勤める北村豊氏が、バラ色だけではない…, 日本経済の節目の年として幕を開けた2020年は、誰もが予想できない最悪の1年となった。すべての始まりはコロナ禍だ。消費は低迷し企業業績は悪化、期待の五輪もあえな…, 優れた戦略立案は確かな情報源から。新事業・サービスの開発や中期計画策定に役立つ日経BPのテクノロジーを核とした商品をご紹介します。, 事業・経営を担うリーダー向け事業発想ワークショップをオンラインで開催します。一流講師陣の講義とワークで、コロナ禍での新事業創造への道筋を探ります。, 日経ビジネス電子版のコメント機能やフォロー機能はリゾームによって提供されています。. (2018) 確定数 1.36 1.42 (出生+死産)千対、周産期死亡率及び妊娠満22週以後の死産率は出産(出生+妊娠満22週以後の死産)千対である。 早期新生児 死 亡 周産期死亡 妊娠満22週 以後の死産 合計特殊出生率 特に、将来の中国の成長力の基礎になるのは、労働力と生産性であるが、これらに影響を与えるのが出生率と 大学進学率である。 まず、合計特殊出生率は、一人っ子政策の影響により中国全体で. 出生数 (人) 271 259 273 297 258 272 249 222 252 188 204 合計特殊 出生率 1.31 1.26 1.35 1.53 1.34 1.52 1.39 1.32 1.45 1.14 1.29 15~49 歳 女性人口 6,132 6,253 6,140 6,107 6,018 5,925 項目 2016 2017 2018 出生数 (人) 190 194 191 合計特殊 出生率 今年の韓国の合計特殊出生率は1.0にも届かない、という韓国政府の見通しが出された。 低出産・高齢社会委は5日、「今年の新生児はおよそ32万人を記録し、出生率は1.0以下に落ちるものと見込まれる」と … ジェトロの海外ネットワークを通じて収集した最新のビジネスニュース・レポートなどをお届けしています。, 各国・地域の基礎情報や制度をご覧になりたい場合は「国・地域別情報」をご覧ください。, 海外ビジネスの目的にあわせてご利用いただける、ジェトロのビジネス情報とサービスをご案内します。, 外国企業 厚生労働省が発表する「人口動態統計特殊報告」によると、終戦直後の出産解禁現象により生じた第1次ベビーブームの頃には期間合計特殊出生率は4.5以上の高い値を示したが、その後出生率が減少し人口減少が起こるとされる水準(人口置換水準)を下回った。1966年(昭和41年)は丙午で前後の年よりも極端に少ない1.58であった。その後、死亡率の減少による人口置換水準の低下により1967年(昭和42年)から1973年(昭和48年)まで、人口置換水準を上回っていたが、それ以降下回るようになった。 … 誘致, 米国国立衛生統計センター(NCHS:National Center for Health Statistics)は5月15日、2018年の出生数(暫定値)を発表した。これによると、2018年は前年比1.7%減の378万8,235人となり、1986年(375万6,547人)以来、32年ぶりに380万人を下回る低水準となった(図1参照)。また15~44歳の女性1,000人当たりの出生数の割合を示す総出生率は、前年差1.3ポイント減の59.0と、統計開始以来最も低い水準となった。いずれも2007年(431万6,233人、69.3)にピークを迎えた後、11年間のうち10年間で前年比減となった。, 母親の年齢別に出生数をみると、35~39歳(56万6,519人、前年比寄与度:0.3ポイント)や40~44歳(11万7,339人、0.1ポイント)などが押し上げに寄与した一方で、20~24歳(72万5,157人、マイナス1.0ポイント)や25~29歳(109万8,330人、マイナス0.6ポイント)などが全体を押し下げた(図2参照)。NCHSのブレイディ・ハミルトン氏は、より年齢の高い母親による出産が増え、より若い母親による出産が減少する傾向が続いている、と述べた(「ウォールストリート・ジャーナル」紙電子版5月15日)。, こうした傾向がみられる背景について、ノートルダム大学経済学部准教授のカセイ・バックル氏は、2007年から2016年にかけての出生率低下の約35%は、30歳未満や未婚女性などの意図せざる妊娠の減少によるもの、と指摘した。また、ペンシルベニア大学社会学部教授のハンス・ピーター・コーラー氏は、若年層を中心として自らの選択や経済的理由を背景に、学生に長期間とどまるか、仕事を続けようとする夫婦が増えていることも影響していると述べた(「タイム」誌電子版5月15日)。ミレニアル世代が今後、30代後半から40代前半を迎えるにつれて、出生率の回復が期待できるといった指摘もあるが、前出のバックル氏は、年を重ねるに従って妊娠の減少、結婚生活の失敗、経済面の停滞などのさまざまな要因が働き、先延ばしされていた分を完全に取り戻すには限界があると指摘した(「ウォールストリート・ジャーナル」紙電子版5月15日)。, 各年齢(15~49歳)の出生率を足し合わせ、1人の女性が生涯に産むことが見込まれる子どもの数を推計した合計特殊出生率は、2018年は前年比2.1%減の1,728.0(女性1,000人当たり)と、統計開始以来最も低い水準となった。一般的に、人口を維持するのに必要な水準(人口置換水準)は2,100とされるが、2007年(2,122.0)の後はこれを下回った状態が続いている。こうした変化などを受けて、2009年以降の人口増加率は0.9%を下回って推移し、過去と比べて低下傾向にある(図3参照)。, ジェトロ海外調査企画課 「誌面ビューアー」は、紙の雑誌と同じレイアウトで記事を読むための機能です。ウェブブラウザーで読みやすいようにレイアウトされた通常の電子版画面とは異なり、誌面ビューアーでは雑誌ならではのビジュアルなレイアウトでご覧いただけます。スマートフォン、タブレットの場合は専用アプリをご利用ください。 詳細を読む, 「クリップ機能」は、また読みたいと思った記事や、後からじっくり読みたいお気に入りの記事を保存する機能です。クリップした記事は、メニューから「マイページ」を開き「クリップ」を選ぶと一覧で表示されます。 詳細を読む, 日経ビジネス電子版では、閲覧を制限している状態を「鍵が掛かっている」と表現しています。有料会員としてログインすると、鍵の有無にかかわらず全ての記事を閲覧できます。登録会員(無料)でも、月に一定本数、鍵付き記事をお読みいただけます。 詳細を読む, 記事の内容やRaiseの議論に対して、意見や見解をコメントとして書き込むことができます。記事の下部に表示されるコメント欄に書き込むとすぐに自分のコメントが表示されます。コメントに対して「返信」したり、「いいね」したりすることもできます。 詳細を読む, 記事末尾の「投票」ボタンを押すことで、その記事が参考になったかどうかを投票する機能です。投票できるのは1記事につき1回のみ。投票の結果はすぐに反映され、トップページの記事リストなどにも表示されます。評価の高い記事を選んで読むといった使い方ができます。 詳細を読む, 「このシリーズの続きが読みたい」「この議論の展開を見届けたい」と思った時に便利な機能です。「WATCH」すると、そのシリーズの新着記事が配信された際に、Raiseの場合はその議論に新しいコメントがついた際などに通知されます。 詳細を読む, 〈初割〉日経ビジネス電子版と日経電子版がセットで お得になります。お申し込みは今すぐ。. 合計特殊出生率は1970年には4.53だった。2001年には1.31になりその後2015年までは1.2前後で推移していた。 2016年に1.17、2017年に1.05になり、2018年に0.98となっていた。 oecd最下位の出生率 ちなみに自治体別にみると、ソウルが0.72で最下位だった。 19年の出生率は1.36で4年連続低下、出生数は過去最少の アメリカは先進国の中でも人口が増加していることで有名です。このため、今でもアメリカは中国やインドに次いで、世界で3番目に人口の多い国としての地位を維持しています。 しかし、近年、アメリカの人口増加率は徐々に低下してきています。図表1に見られるように2018年(2018年7月時点)の人口増加率は0.6%にとどまり、1937年以来の低さとなりました。 このような人口増加率の低下の背景には、三つの要因があったと考えられます。 E-mail:j-tanshin@jetro.go.jp. ここでは世界最悪レベルに出生率が低いとされる台湾の少子化問題についてまとめています。2017年の台湾の出生率は1.125%であり、「このままいくと中国に侵略される前に自滅してしまう」と冗談を言う人もいるくらい危険水域にあります。 韓国の合計特殊出生率、ついに1を切るの記事ならニッセイ基礎研究所。【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。 All rights reserved. 図表1に見られるように2018年(2018年7月時点)の人口増加率は0.6%にとどまり、1937年以来の低さとなりました。 このような人口増加率の低下の背景には、三つの要因があったと考えられます。 【合計特殊出生率の低下】 1.24. 厚生労働省が1日発表した2017年の人口動態統計によると、中国5県の合計特殊出生率(1人の女性が生涯に産む子供の推計数)は鳥取が上昇した一方、ほか4県では低下した。5県とも全国平均の1.43より高いが、出生数はいずれも前年に比べ減少した。 合計特殊出生率は人口置換水準を下回る 各年齢(15~49歳)の出生率を足し合わせ、1人の女性が生涯に産むことが見込まれる子どもの数を推計した合計特殊出生率は、2018年は前年比2.1%減の1,728.0(女性1,000人当たり)と、統計開始以来最も低い水準となった。 2007年から2016年にかけての出生率低下の約35%は、30歳未満や未婚女性などの意図せざる妊娠の減少によるもの. 第2-7表 出生率・死亡率 (pdf:651kb) 第2-8表 平均寿命, (参考表)完全生命表又は簡易生命表による日本の平均寿命 (pdf:633kb) 第2-9表 合計特殊出生率 (pdf:652kb) 第2-10表 労働力人口 (pdf:630kb) 第2-11表 性別・年齢階級別人口・労働力人口・労働力率 (pdf:755kb) 2018年の出生率は1000人当たり10.94人… 中国国家統計局が21日に発表した2018年の出生率は、70年前の中華人民共和国建国以来の低水準となった。 まで低下しており、省区市別では最大 Copyright © 2021 Nikkei Business Publications, Inc. All Rights Reserved. 合計特殊出生率は1.5~1.65で、幾分上昇している。1人目の子供の出生は減少し、2人目の子供は増加している。2014年における0~14歳の低年齢人口の全人口に占める比率は16.5%で、世界平均の26%より低く、先進国と同じである」と述べた。 2018年の出生数(生まれた子どもの数)は91万8397人で過去最低を更新したそうです。 100万人を下回ったのは3年連続です。 また、合計特殊出生率は1.42となり、2017年から0.01ポイント下がりました。 韓国は、歴史的に中国の支配を受けて来た。これが、政治不安に敏感に対応する心理構造を生み出した要因と見られる。 朴大統領を弾劾することが、国民の4割を占める保守派の人々を不安にさせたのは当然。この影響がまず、2017年の合計特殊出生率の低下に現れた。 合計特殊出生率:世界銀行 (2017年) 世界の合計特殊出生率ランキングチャート. 2007年(平成19年)以降は、合計特殊出生率の増加にもかかわらず、出生数は減少傾向にあり、2016年(平成28年)からは100万人を下回り2018年の出生数は91.8万人であった 。これは、出産が可能な女性の総人口が減少していることによるものである。 2018年の世界の合計特殊出生率 国別比較統計・ランキングです。各国の合計特殊出生率と国別順位を掲載しています。合計特殊出生率は女性1人が一生で出産する子供の平均数。時系列データは1990-2018年 … Tel:03-3582-3518 合計特殊出生率:世界銀行 (2017年) 世界の合計特殊出生率ランキングチャート. 合計特殊出生率は人口置換水準を下回る 各年齢(15~49歳)の出生率を足し合わせ、1人の女性が生涯に産むことが見込まれる子どもの数を推計した合計特殊出生率は、2018年は前年比2.1%減の1,728.0(女性1,000人当たり)と、統計開始以来最も低い水準となった。