フラット35、建設費・購入価額1億円の制限が無くなります。フラット35は、建設費・購入価額の上限1億円という制限がありましたが、2019年10月以後の借入申込分からについて上限1億円の制限が無く無くなります。フラット35の物件価額上限、借入額上限について分かりやすく解説します。 ライフプランから見て無理のない住宅購入計画やローンプラン、保険や相続、資産運用などの相談支援業務を行っている。各種セミナー講師、新聞・Webサイト等へのコラム執筆でも活動中。, ※本記事の掲載内容は執筆時点の情報に基づき作成されています。公開後に制度・内容が変更される場合がありますので、それぞれのホームページなどで最新情報の確認をお願いします。, 岸博幸さん、竹中平蔵さん、森永卓郎さんといった識者の最新インタビューに加え、月間100万人が訪れる「ARUHIマガジン」から厳選した「今、読むべき記事」を多数収録。新時代の「家」と「お金」のことがまるごとわかる!. All rights reserved. Copyright (C) Japan Housing Finance Agency. フラット35の融資上限額は8,000万円となっているため、年収900万円を超えるとこの8,000万円という上限に達することが分かりますね。 フラット35 年収基準とは? フラット35(保証型)は、「借り換え」に使用できる以外に、物件価格の最大100%(上限8.000万円)までの融資を受けることが可能(実際には取り扱う金融機関等の裁量によって、80%~100%の範囲内で決められるというシステム)となり、頭金なしでの借入も可能です。 また、金利水準も概ね低くなっていますので、フラット35(保証型)の今後の動向には、大いに注目したいところです。 不動産投資を行っていても借りやすい住宅ローン「フラット35」について、不動産投資家にとっては利用が難しくなってしまうという制度改定が、2020年4月から実施される。特にワンルームマンション投資を行っている人の中には、「自宅が購入できなくなる」人も出てくることが予想される。 今まで【フラット35】では住宅ローンを借り入れする際、住宅購入価額しか借り入れできませんでした。しかし2018年4月からは家の諸費用分をプラスして借り入れする事ができるようになりました。諸費用分も住宅ローンで借りられることで、どんなメリットがあるのかを見ておきましょう。 年収に基づいた借入可能額. 2019年10月からは、その「1億円以下」という対象住宅の建設費上限(土地取得費に対する借り入れを希望する場合はその費用を含めて)がなくなり、1億円を超える物件を建設したり購入したりする場合にも、【フラット35】が利用できるようになりました。 フラット35で再び100%住宅ローンを借りることが可能になりました。しかし、金利が高くなるので全く利用価値はありません。ただ、頭金なしでもフラット35で100%借り入れし、融資率9割以下の金利を適用できます。その裏技を4つ紹介。 住宅ローンの借入額と年収倍率の平均 年収から借入可能額を計算:【フラット35】 で試算ができる。 「年収」の部分は、会社員であれば額面年収を入力する。自分のようなフリーランスの場合は、売上から経費を差し引いた所得を入力する。 「フラット35」の貸付上限額は8,000万円。 返せる額も5,000万円前後になるので、住まいの選択肢は広がります。 ただし、家族構成によっては返せる額が下がる場合も少なくありませんので、ファイナンシャルプランナー等に相談して客観的な視点を持つことが重要です。 フラット35は、借入上限額が8000万円 長期固定住宅ローンの代表格である「フラット35」は、一般的な35年固定商品と比べて金利が安くなるケースが多いので、利用者も多いメジャーな商品だ。 ここでは、仮に「3.年収400万円の人の借入可能額を試算した結果」のフラット35における借入可能上限金額「3,810万円」で住宅ローンを組んだ場合の返済金額や総返済金額を紹介していきます。 150万円(年間借入額) - 50万円(車のローン) = 100万円(修正後の年間借入額) となります。 35年ローンを組むことが可能であれば、 100万円(修正後の年間借入額) × 35年(借入期間) = 3,500万円(借入限度額の目安) 年収450万円における借入可能額の上限 4,426万円 ※フラット35、金利1.3%、借入期間35年、元利金等返済で試算 以上の試算結果から、 年収450万円の人は最大で約4,400万円の住宅ローンを借りられる ことがわかります。 年収と借入れ金額の関係とは。「自分はいくらまで、銀行から借りる事が出来るのか?」という、銀行から借り入れできる、住宅ローンの上限額です。ここでは公表されているフラット35について解説します。住宅ローンに関する情報は、NTTレゾナント運営のgoo住宅・不動産。 【フラット35】は、住宅ローンを含む全ての借入の年間返済額により、借入金額が変わります。 年間返済額には上限があり、年収400万円未満の方は年収に占める30%以下、年収400万円以上の方は 35%以下 … フラット35で借りられる金額の上限がいくらなのかは、以下のように定められています。. aruhi フラット35は、全期間固定金利の住宅ローンです。質の高い住宅取得向けに金利引き下げ制度やお申し込み方法も充実。webからのお申し込みで事務手数料の割引を実施中です。aruhiは【フラット35】取り扱いシェアno.1! 5-1.借入可能額上限で住宅ローンを組んだ場合. 建て替えの際には住宅ローンを用いて費用を用意することもありますが、この住宅ローンにはフラット35というものがあり、利用することでさまざまなメリットを得ることができます。 また、シミュレーション結果はご融資をお約束するものではありません。お申込みされる金融機関または住宅ローン債権を買い取ることを予定している住宅金融支援機構の審査結果により、住宅ローンご利用のご希望に沿えない場合がありますので、あらかじめご了承ください。 この融資可能上限額は一般的に「返済負担率」と呼ばれる「年収・収入に対する返済額の割合」の計算で決定されます。フラット35の場合、この返済負担率は、年収400万円未満は30%、年収400万円以上は35%と定義されています。 例えば、「年収400万円、返済比率30%」の場合の返済額は、次のとおりです。 年間返済額:400万円 × 30% = 120万円 月間返済額:120万円 × 12カ月 = 10万円 借入期間を35年とした場合、借入額は約4,200万円となります。 住宅ローンの借入可能額は、各種条件によって異なります。年収や金利、返済期間など複数の要素が関係しますが、工夫次第では上限を引き上げることも可能です。また、借入可能額が少ない場合の対処法もあるため、各種ポイントを把握してローンを組みましょう。 2019年07月21日更新 【建て替えとフラット35の基礎知識】対象範囲についても解説します. 金融機関は住宅ローンの借入額を決めるにあたりいくつかの指標を持っています。一つ目は「返済負担率」で、年収に対する年間合計返済額の割合をもとにした考え方です。たとえばフラット35では年収400万円未満は返済負担率が30%以下、400万円以上だと35%以下と定められています。具体的な借入額は以下のとおりです。金利、返済期間、返済方法によって借入額は変わりますので、住宅ローンシミュレーションなどを利用して金額を算出してください。 (図1)年収別借入可能額 フラット35の場 … 50代の住宅ローンの借入限度額. 適用金利(年0.5%の場合)での借入可能額(上限) 約 5610万円: 審査金利(年3.0%の場合)での借入可能額(上限) 約 3780万円 ※ 【フラット35】sまたは【フラット35】リノベをご利用の場合は、引下げ前の金利を入力してください。 返済期間 50 49 48 47 46 45 44 43 42 41 40 39 38 37 36 35 34 33 32 31 30 29 28 27 26 25 24 23 22 21 20 19 18 17 16 15 14 13 12 11 10 年 国税庁の調査「民間給与実態統計調査」で50代の平均年収640万円とありましたので、それを基準に借り入れ限度額をシミュレーションしてみました。参考までに仮に35年ローンを組めた場合の借り入れ限度額も記載してあります。 先ほどご紹介した、返済比率によって借入可能額が決まります。 年収400万円が基準になっていて、 年収400万円以上の場合は、返済比率が35% 年収400万円未満の場合は、返済比率が30% 他の借入金があり、借入可能額が希望の額よりも少なくなってしまう場合には、まずは、他の借入金を完済することを優先しましょう。 上記の例でもわかるとおり、他の借入金があることで、借入可能額は大きく減ってしまいます。 お借入額について、楽天銀行住宅ローン(金利選択型)は500万円以上1億円以内、フラット35または「固定と変動」は100万円以上8,000万円以内となります。 年収、金利、返済期間などを入力すると、借入可能額を計算できます。条件をすべて入力し、「計算」ボタンを押してください。, ※ 【フラット35】Sまたは【フラット35】リノベをご利用の場合は、引下げ前の金利を入力してください。, ※ 15年以上35年以下でお選びください。なお、お申込時の年齢が60歳以上の場合は10~14年もお選びいただけます。, ※ 他の借入金とは、フラット35以外の住宅ローン、自動車ローン、教育ローン、カードローン(クレジットカードによるキャッシングや商品の分割払い・リボ払いによる購入)などの借り入れをいいます。 なお、フラット35の金利はご融資時(資金のお受け取り時)に決定します。. 【フラット35】が、2019年10月から4つの制度変更を行いました。金利引き下げや借り入れ条件の緩和など、利用者にとって有利な変更です。今回はそのうち、「建設費や購入価額の上限がなくなる点」に注目してみましょう。, 【フラット35】は、どんな不動産を購入する場合にでも利用できるローンではなく、資金使途や借り入れ対象となる住宅は表2に掲げた条件を満たすものに限られます。, 2019年9月までは、さらに、「住宅の建設費(土地取得費に対する借り入れを希望する場合は、その費用を含む)または購入価額が1億円以下(消費税を含む)」という条件を満たす必要がありました。, 2019年10月からは、その「1億円以下」という対象住宅の建設費上限(土地取得費に対する借り入れを希望する場合はその費用を含めて)がなくなり、1億円を超える物件を建設したり購入したりする場合にも、【フラット35】が利用できるようになりました。, 従来の融資限度額8,000万円に変更はないので、多く借りられるようになったわけではありませんが、今までは、借り入れ希望額が同じように5,000万円だったとしても、物件価格が9,000万円なら【フラット35】が利用でき、物件価格が1億円を超えていれば利用できなかったわけですが、今回の改正で、他の条件を満たしていれば、物件価格にかかわらず融資限度額の範囲内での借り入れが可能になったというわけです。1億円を超す物件の購入を検討されていた人も、ローンの選択肢として【フラット35】を加えることができますね。, 1級ファイナンシャル・プランニング技能士、日本FP協会CFP(R)認定者 ※結果は概算です。借入可能額が必ず借りられるわけではありません。 フラット 35 では年収にかかわらず融資限度額は 8,000 万円となっていますから、年収 900 万円のかたの借入可能額は上限額の 8,000 万円となります。. フラット35を借り入れている方は、住・My Note (※1)の利用で 最低10万円から (※2)の繰り上げ返済が可能です。 (※1: 住・My Note ……フラット35で借り入れている方の一部手続きをインターネットでできるサービス) (※2:通常は100万円から) ただし、フラット35の場合、貸付上限額が8000万円なので900万円以上の年収の場合は計算上の借入可能額は8000万円が限度です。 30年ローンでフラット35を借りると、年収が400万円以上の場合はおよそ年収の9倍ほどの借入が可能ということになります。 また、賃貸予定または賃貸中の住宅に係る借入金を含みます(当該借入金が賃貸用のアパート向けのローン(ローンの対象が1棟の共同住宅)である場合は、借入金には含めません。)。, シミュレーション結果は概算となりますので、実際にお申込みの際とは異なる場合があります。あくまでも参考としてご利用ください。 1.「融資の限度額である8000万円以内」または「建築費や取得するための価格以内」のうち、どちらか少ないほう. 住宅ローンを検討されている方の中には、「自分がいくらまでなら住宅ローンを借入することができるのか?」といった借入可能額を気にする方が多くおられます。 特に自営業の方は、会社員や公務員と異なり毎年の収入が上下変動することに加え、収入の見通しが立てづらい特徴があります。