事前に機内持ち込みにおける条件やケージサイズなどの確認が必要です。 LOTポーランド航空(LOT Polish Airlines) ・機内への持ち込みが可能なペット 犬、猫、フェレット ・持ち込む場合の条件 ケージとペットの合計重量が8kg以内となります。 薬局・ドラッグストアやコンビニ、ネット通販で買える目薬も病院処方の目薬同様、「液体物の制限対象の例外扱い」となり、問題なく機内へ持ち込むことが出来ます。国際線に搭乗する際も1容器100ml以下、総量1リットル以下のジッパー付き透明プラスチック袋に入れるといった条件を守る必要はあり … 冬のシーズンや寒いところに行く時は、カイロがあると何かと重宝しますよね。ただカイロの種類によっては、機内持ち込みができなかったり、預け入れ荷物としても飛行機へ持ち込めなかったりします。今回はカイロの飛行機への持ち込みについて徹底開設しました! ・持ち込む場合の条件  ペットとの海外旅行や赴任・移住について、また、海外から日本への帰国など、ペットの出入国における動物検疫・申請手続きについて、お問い合わせをお受けしております。, 小型犬、猫、うさぎ、フェレット、小鳥などの小動物に限定されますが、貨物室扱いではなくお客様の座席までペットの機内持ち込みが可能なエアラインをご紹介致します。, 各航空会社さんのサイズ規定に沿った、ケージやキャリーバッグの販売もしておりますので、ご利用の際は、お問い合わせ下さい。, 各航空会社さんによって、フライト便による航空機の種類や季節(特に夏季期間)により、機内での持ち込み規定が変更になる場合がありますことと、渡航される国によっては機内持ち込みでの入国が許可されていないおよび動物の, スターアライアンス(STAR ALLIANCE) 「犬の機内持ち込み」は、小型犬だけという規制はあるけれど、離れた暗い貨物室ではなく、犬を飛行機内持ち込みとして 目的地まで一緒に機内に居られる安心のサービスです。 どの航空会社も、ペットにも人間のお客様と同じ気配りで接しています。ホッと一安心です。 ・機内への持ち込みが可能なペット  保安検査場では飛行機の安全運行のため、搭乗者のボディチェックと機内持ち込み手荷物の検査を受けます。機内に持ち込む手荷物は金属探知機やX線検査機を使って検査を行います。 荷物検査の時、重要な検査項目の一つとなるのが、危険物の持ち込みです。法律で禁止された危険物を機内に持ち込むか預けた場合、50万円以下の罰金を課される場合があります。 危険物などの機内に持ち込めない荷物や預けられないものは保安検査場にある廃棄箱で処分しなければならないことがあるため、注意が必要で … フレンチ・ブルドッグ、ブルドッグはお預かりできません。. 犬、猫、小鳥、うさぎ、ハムスターなどの小動物. 飛行機の機内持ち込みの方が、貨物室からの受け取りの時間の手間もありませんから、飼い主さんも安心ですよね。 しかし、各航空会社さんによっては フライト便による航空機の種類や季節(特に夏季期間)により、猫を飛行機の機内持ち込み規定が変更になる場合があります。 飛行機に搭載できるクレートの数には制限があります。. 化粧水は、飛行機で機内持ち込みができるの? 国内線での機内持ち込みについて. 金魚、カメ、昆虫などはほかのお客さまのご迷惑とならないよう条件を満たせば機内にお持ち込みいただけます。. JAL国際線ご予約・ご購入・ご案内.  ケージのサイズは、縦55cm × 横幅35cm × 高さ25cm以内。  犬と一緒に飛行機に乗って海外旅行に出かけることは可能です。国際線で海外へ旅行となると…多くの人が不安を抱えることでしょう。そこで今回は機内で気をつけるべきこと、愛犬のために欠かせない準備や持ち物、機内持ち込みの扱いなどについて徹底的に解説します。 手荷物の準備にあたり、気を付けておきたいのが液体物の機内持ち込み制限です。国際線と国内線では機内に持ち込める手荷物のルールが異なるので、注意が必要です。飛行機搭乗時の手荷物トラブルを防ぐために、国際線・国内線の液体物の機内持ち込み制限を中心に解説していきます。 JAL国内線ご予約・ご購入・ご案内. ■ユナイテッド航空(United Airlines), フライト便における機材によって、ケージサイズの規定が異なる場合があるので、 国内線は、 国際線に比べて液体物の持ち込みについては寛容 ですが規定はしっかり確認しておきましょう。 jalのホームページには、国内線の液体物の機内持ち込みについて以下の規定が載っています。  縦、横、高さの合計が115cm以内でケージでペットの重量を含め5kg以内となります。  生後12週間以内のペットはお持ち込みいただけません。  機内に持ち込みが出来るのは、お客様1名につき1匹となります。, ■ウクライナ国際航空(Ukraine International Airlines). 犬(猫)を飛行機に乗せるのですが注意点を教えてください。 どのようにして飛行機に乗せるのでしょうか。また、費用はどのくらいかかるのでしょうか。 輸送方法によって検疫の内容が異なることはあ …  事前に機内持ち込みにおける条件やケージサイズなどの確認が必要です。, ■スイス インターナショナル エアラインズ(Swiss International Airlines), 縦、横、高さの合計が115cm以内のケージでペットの重量を含め7kg以内となります。, ご利用になるフライトによって、ケージサイズが変わりますので、事前の確認が必要となります。, ■アエロフロート・ロシア航空(Aeroflot-Russian Airlines), ■エア ヨーロッパ(Air Europa) 機内持ち込みの際は犬にとって、環境のストレスと共に騒音や大きな音で不安がいっぱいになります。 犬も安心して飛行機に乗るために、リスクやその対策を確認しましょう。 インターネットおよび空港の自動機器での予約・お手続き時に、手荷物に関する注意事項の確認が必須になります。皆様のご協力をお願い申し上げます。 機内持ち込み・お預かりができないものご案内. 料金 開く. 飛行機内へのお持ち込み、お預かりできない手荷物のご案内です。 お知らせ. ペットをご予約される際はクレートの大きさ(3辺の長さ)、ペットとクレートの総重量、種類、生後8週間以上かどうかなどをお伺いします。.  犬、猫、ウサギ、小鳥 ・持ち込む場合の条件 犬を飛行機に乗せて旅行する・・・、引っ越す・・・。犬を連れての飛行機移動は残念で可哀相な事故も起こっているのも事実です。今回は犬を連れての飛行機はokなのか、機内持ち込みであれば安全なのか調べてみました。  ケージとペットの合計重量が10kg以内となります。  犬を連れて飛行機に乗っての旅行を考えていますが、そこで質問です。通常、国内の航空会社は犬をケージに入れて専用の場所(荷物室と似たような場所)で移送することは知っていますが、搭乗する飛行機に1匹だけは客席内に乗せられる(当 「動物の輸入に関する届出書」の様式を動物検疫所ホームページからダウンロードされるか、最寄りの動物検疫所から入手してください。あるいは「NACCS(動物検疫関連業務)(以下、NACCS)」にて届け出て下さい。入手した様式に必要事項を記入の上、到着予定の空港(港)を管轄する動物検疫所にFAXもしくは郵送により又は、直接提出してください。, 航空機が決まっていなくても提出することができます。この場合、「動物の輸入に関する届出書」の搭載予定船舶(航空機)名を「未定」と記入して提出し、便名が決まり次第、変更届出を行ってください。, NACCSを利用する場合には、搭載船名/便名の欄を「未定」と入力して届出を行い、便名が決まり次第、変更届出を行ってください。, 動物検疫所ホームページから「変更届出書」の様式をダウンロードされるか、最寄りの動物検疫所から入手してください。入手した様式に必要事項を記入の上、到着予定の空港(港)を管轄する動物検疫所にFAX若しくは郵送により又は、直接提出してください。, NACCSにて届出ている場合には、その内容を変更することで、変更届出を行うことが可能です。, 事前届出をしていないのですが、急に犬(猫)を持ち込むことになりました。持ち込むことは可能ですか。, 輸入予定日の40日前までに事前届出を提出することになっていますので、輸入予定の変更をご検討下さい。やむを得ない特別な事情があると判断される場合には輸入前40日以内であっても届出を受理することがありますので、到着予定空港(港)を管轄する動物検疫所に至急お問い合わせください。なお、12時間を越える係留期間を必要とすることが予定されている場合であって、係留施設の確保ができない等の場合は、輸入の場所、時期を変更していただくことがあります。, マイクロチップとは、直径約2ミリメートル、長さ約11ミリメートル程度の小さな標識器具で、生体にやさしい素材(生物学的適応ガラス、ポリプロピレン等)からなり、動物の皮下組織に装着します。我が国を含め世界各国において使用されているもので、犬や猫の健康には影響ありません。, 動物病院で装着できますので、最寄りの動物病院にご相談ください。又は、社団法人日本獣医師会(外部リンク)にご相談ください。, 既にマイクロチップを装着していますが規格や番号が分りません。調べる方法はありますか。, まずは、マイクロチップを装着した獣医師に照会してください。マイクロチップの規格によっては読取り機が対応していない場合もありますが、読取り機を持っている動物病院で確認してもらう方法もあります。 マイクロチップの装着は、犬(猫)を日本に持ち込む準備に必要ですので、いずれの方法によってもマイクロチップの読取りができない場合は、再度マイクロチップを装着するようお願いします。, 個体識別措置が講じられていないとみなされ、日本到着後の係留期間が180日間となります。ただし、犬については、証明書との照合ができないと返送となりますので、ご注意願います。マイクロチップは装着されていないが、入れ墨によって個体識別されている場合は、動物検疫所までご相談ください。, マイクロチップは装着しているのですが、ISO規格ではありません。到着時に読み取れなかったらどうなるのですか。, 到着時の検査でマイクロチップ番号が読取れない場合は、個体識別措置が講じられていないとみなされます。このため、事前に到着予定空港(港)の動物検疫所にお問い合わせになるか、出国前に読取れることを確認した読取り機を持参してください。, なお、一部のISO規格以外のマイクロチップについては、動物検疫において読取り可能な場合もありますので、事前に到着予定港の動物検疫所にお問い合わせください。, 狂犬病予防注射は不活化ワクチン及び遺伝子組換え型ワクチンが認められます。生ワクチンは認められません。, 有効免疫期間とは、接種したワクチンの効果が持続する期間のことです。狂犬病のワクチンには世界中にたくさんの種類があり、有効免疫期間もさまざまです。有効免疫期間により、輸出国における出国準備の内容 ・時期も変わってきますので、必ず確認してください。なお、日本国内で使われている狂犬病ワクチンの有効免疫期間は、どの製品であっても1年間とされています。, 指定地域以外からの犬または猫については、狂犬病の抗体価(血清中に含まれる免疫のレベル)測定のための採血後、狂犬病の潜伏期間にあたる180日間の輸出待機を必要としているところです。 1回の狂犬病の予防注射の場合、狂犬病に対する抗体価は1度は上昇しますが、その持続期間が短い場合があります。輸出待機の間、上昇した狂犬病に対する感染防御抗体価を持続させるために、予防注射を2回以上受ける必要があります (2回目以降は前回の接種から30日以上あけ、有効免疫期間以内に接種すること)。 なお、2回目の予防注射を接種した後、同日中に狂犬病の抗体価測定のための採血を行った場合でも有効とみなすことができます。, 狂犬病の予防注射を受けていますが、マイクロチップを装着していません。認められますか。, ただし、マイクロチップ装着前に行った狂犬病予防接種歴に関する輸出国政府機関の証明書があり、マイクロチップ装着後にもう一度狂犬病ワクチン接種を行い、同日に採血した抗体価検査により、0.5IU以上の抗体価が確認された場合等に限り、マイクロチップ装着前の狂犬病ワクチン接種を1回実施したと見なします。この場合の輸入前の準備手続きは「指定地域以外から輸入される犬等の輸入に関する手引書」の別紙「2010年4月15日から認められた事項について」の1をご参照ください。, なお、この場合、改めて事前届出や期間算定等の輸入前の準備手続きを行う必要がありますので、必ず動物検疫所までお問い合せ下さい。(準備に不備があった場合、再度ワクチン接種からやり直すことが必要となる場合があります。ご注意下さい), 狂犬病以外の予防注射を実施していないことにより、輸入を認められなかったり、係留期間が長くなったりすることはありません。 しかしながら、飛行機による輸送や環境の変化によるストレスから、また長期の係留期間となった場合、思わぬ病気(特に感染症)にかかることが考えられますので、狂犬病以外の予防注射(犬ではジステンパー、伝染性肝炎、パルボウイルス感染症の3種混合、パラインフルエンザ、レプトスピラ症、コロナウイルス感染症等、猫では、猫ウイルス性鼻気管炎、猫カリシウイルス、猫汎白血球減少症の3種混合等)や寄生虫駆除について、かかりつけの獣医師と相談のうえ、事前に接種、投薬することをお勧めします。, 抗体価を測定する理由は、予防注射により狂犬病に対する免疫を獲得できたことを確認するためです。また、待機期間をおく理由は、予防注射により免疫を獲得する以前に狂犬病に感染していないことを確認するためであり、潜伏期間に相当する180日間を待機期間としました。, 抗体価を測定する検査機関を知りたいのですが。また、検査の費用は誰が負担するのですか。, 抗体価を測定する指定検査機関は、最寄りの動物検疫所までお問合わせいただくか、指定検査施設一覧のページをご覧ください。順次、指定されるごとに指定検査施設一覧のページに追加されます。なお、検査の費用は、飼い主の負担となります。, しばらく経ってから再検査するか、再度予防注射をする必要があるかを獣医師に相談してください。なお、抗体価が基準を満たした採血日からが待機期間となります。, 証明書の有効期間は特に決められていません。ただし、健康証明書については出発直前(できる限り出発2日以内)に狂犬病及びレプトスピラ病(犬のみ)にかかっていないか又はかかっている疑いがないことについて検査を受けて証明書の交付を受けて下さい。, 指定地域(狂犬病の発生のない国 ・地域)から持ち込む場合、12時間以内の係留期間とするにはどうすればよいのですか。, 輸出国政府機関が発行する証明書により次の事項が確認できる場合は、日本到着時の係留期間は12時間以内となります。なお、到着日の40日前までに到着予定空港(港)の動物検疫所に届出が必要です。, (1)マイクロチップによる個体識別がなされていること (2)指定地域(狂犬病の発生のない国 ・地域)において過去180日間若しくは出生以来飼養されていたこと、又は、日本から輸出された 後、指定地域のみにおいて飼養されていたこと (3)当該指定地域に過去2年間狂犬病の発生がなかったこと (4)出発前の検査で、狂犬病(犬の場合にはレプトスピラ症についても必要です)に かかっていない又はかかっている疑いがないこと, 待機期間を除き、必要な条件を全て満たしている場合は、180日から実際の待機期間を差し引いて得た日数が、日本到着時の係留期間となります。 なお、係留期間には動物検疫所に検査を申請した日と輸入検疫証明書をお渡しする日は含まれません。, 係留検査は係留期間が12時間以内となるための条件を満たしていない場合に行われ、動物検疫所の係留施設に一定期間隔離し、狂犬病(犬についてはレプトスピラ症も含みます)の症状の有無を確認する検査です。, 狂犬病の生前診断は、臨床観察により症状の出現を確認する以外に方法がありません。レプトスピラを疑う症状がある場合は、精密検査も行われることがあります。, 飛行機による輸送や環境の変化によるストレスから、また長期の係留期間となった場合、思わぬ病気(特に感染症)にかかることが考えられますので、出国までの健康管理に十分に気をつけてください。係留中は病気にかかっても係留施設から出すことはできません。 老齢、病弱、妊娠中、授乳中、既往症がある、投薬中、怪我しているような犬(猫)は輸送やその後の係留検査には適しません。やむを得ず日本に持ち込もうとする場合は、事前に輸送及び係留検査に耐えうるか、かかりつけの獣医師とよく相談してください。 健康な犬(猫)であっても狂犬病以外の予防注射(犬ではジステンパー、伝染性肝炎、パルボウイルス感染症の3種混合、パラインフルエンザ、レプトスピラ症、コロナウイルス感染症等、猫では、猫ウイルス性鼻気管炎、猫カリシウイルス、猫汎白血球減少症の3種混合等)や寄生虫駆除について、かかりつけの獣医師と相談のうえ、事前に接種・投薬することをお勧めします。, 既往症があるので(老齢なので)自宅での係留検査を受けたいのですが、可能でしょうか。, 既往症がある又は老齢であっても自宅での係留検査は認められません。12時間以内の係留期間となるよう輸出国での準備をお願いします。, 災害救助犬、身体障害者補助犬(盲導犬、介助犬、聴導犬)も輸入検疫を受けなければならないのですか。, 災害救助犬、身体障害者補助犬(盲導犬、介助犬、聴導犬)であっても、他の犬と同様の条件で輸入検疫を受けなければなりません。12時間以内の係留となるよう輸出国での準備をお願いします。, なお、これらの犬は災害救助又は身体障害者の生活を補助することが目的であることから、係留期間が12時間以内とならなかった場合であっても、一定の要件を課した上で係留施設からの外出等が認められますが、様々な制約を受けますのでくれぐれも12時間以内となるように準備をお願いします。, 身体障害者補助犬の詳細は、以下のページをご覧ください。身体障害者補助犬について(外部リンク), 慣れない場所に長時間おかれることにより、大きなストレスとなりますので、出国までの健康管理に十分に気をつけてください。老齢、病弱、妊娠中、授乳中、既往症がある、投薬中、怪我しているような犬(猫)は輸送やその後の係留検査には適しません。やむを得ず日本に持ち込もうとする場合は、事前に輸送及び係留検査に耐えうるかかかりつけの獣医師や航空会社とよく相談してください。 輸送ケージは、犬(猫)に苦痛を与えず安全に輸送するため、自由に立つ ・座る ・ 寝る ・回転することができる大きさで、換気に十分な通気口を有し、通気穴や網目から鼻先や手足が出ることがなく、逃亡防止の機能を持ったものにしてください。, どのようにして飛行機に乗せるのでしょうか。また、費用はどのくらいかかるのでしょうか。, 輸送方法(貨物か携帯品か)や輸送手段(航空機か船舶か)によって検疫の内容が変わることはありません。, 単純な乗り継ぎ(乗り継ぐ空港で入国しない)の場合は、輸出国で取得した政府機関発行の証明書があれば問題ありません。しかし、乗り継いだ空港で犬(猫)とともに一旦入国してしまうと、入国した国の政府機関発行の証明書が必要となります。, また、乗り継いだ国が発行する通過証明書等が必要になる場合もあります。詳しくは動物検疫所にご相談ください。, 日本到着後国内線に乗り継ぎたいのですが、輸入検疫はどこで受ければいいのでしょうか。, 原則として、国際線で到着した空港を管轄する動物検疫所で輸入検疫を受けることになります。, 輸入検疫の費用はかかりませんが、係留施設への輸送や係留期間中の飼養管理、獣医師の往診等にかかる費用については輸入者の負担となります。, 輸出国で準備をすれば12時間以内の係留期間となるそうですが、実際には事務手続きにどのくらいの時間がかかるのですか。, 到着時に、輸出国政府機関発行の証明書の内容確認と犬(猫)の個体確認を行います。係留期間が12時間以内の場合、到着時の混雑状況等にもよりますが、概ね1時間程度で終了します。 証明書の内容確認を短時間で終了させるためにも、できるだけ動物検疫所が推奨する様式による証明書を取得されますようお願いします。, 係留期間中の飼養管理は誰が行うのですか。飼養管理を管理業者に委託することはできますか。, 係留期間中の飼養管理は、輸入者本人の責任で行っていただきます。しかしながら、輸入者が行うことが困難な場合には、代理の方が行うことも可能です。また、成田、関西空港、横浜の係留施設では、飼養管理を受託する管理業者が常駐していますので、これらの業者等に委託することも可能です。詳細は、事前届出時に動物検疫所にご相談ください。, 「指定地域以外から輸入される犬等の輸入に関する手引書」の別紙「2010年4月15日から認められた事項について」の1. 飛行機にご搭乗の際のペットの扱いについてのご案内です . また飛行機の種類によってもお預かりできるサイズやクレート数が異なります。. ・国内線の機内持ち込み料金は、3000~6000円(一部の路線は4000円) ・国際線の機内持ち込み料金は渡航先と航空会社によります。そしてその時の為替レートにも左右されます。 また、ケージのレンタル料や乗り継ぎ運賃なども訪問先で料金が異なりますが、搭乗運賃にプラス5000円~くらいの料金を見積もっておくのが良いでしょう。 犬を海外へ連れて行く際は、輸出検疫を受けなければいけないことがあります。 相手国に確認し、条件に合った書類を用意しましょう。輸出予定の7日前までに書類提 …  生後12週間以内のペットはお持ち込みいただけません。  日本の航空会社では基本的に 機内に犬を持ち込めるのは 、 盲導犬・聴導犬・介助犬の補助犬のみ です。 その為、犬は 温度・湿度を管理された貨物室 にて預かることになります。 条件の詳細はJAL国内線ご予約・ご購入・ご案内(電話)までお問い合わせださい。.  事前に機内持ち込みにおける条件などの確認が必要です。, 縦、横、高さの合計が115cm以内のケージで、ペットの重量を含め5kg以内となります。, ・機内への持ち込みが可能なペット (US国内路線およびUSからカナダや一部の中南米諸国のみ), 縦、横、高さの合計が115cm以内でケージとペットの重量を含め8kg以内となります。, 縦、横、高さの合計が115cm以内のケージでペットの重量を含め5kg以内となります。, 縦、横、高さの合計が115cm以内でケージでペットの重量を含め5kg以内となります。, ■MIATモンゴル航空(MIAT Mongolian Airlines) ・機内への持ち込みが可能なペット  犬、猫 海外旅行に行く際、どうしても荷物が多くなってしまうことがあります。最近では飛行機の機内持ち込みも厳しく制限されているので、最悪没収なんて可能性も。没収される可能性の高いスプレーや液体など、17つのアイテムを今一度チェックしましょう。 運賃情報; 時刻表 ... ・ウーパールーパーやトカゲなどの両生類・爬虫類は、機内持ち込みもお預かりもできません。 数量について. 犬と飛行機で旅行、料金やケージ規定サイズ 国際線は航空会社にもよりますが、ペットを機内持ち込みが出来る飛行機も少なくないです。 規定重量内であれば、通常航空券での支払いではなく、追加料金として搭乗可能ということです。 この記事では、なぜブルドッグやシーズーなどの短鼻犬(短頭犬)は飛行機に乗れないのか、海外の飛行機では機内に犬を連れてもよいのか、そして犬と一緒に搭乗するときの注意点や料金など、愛犬家の方なら一度は疑問に思ったことのある犬の飛行機事情についてをまとめました。