マクロデータに表れない市場特性を探るための徹底的なフィールド調査を踏まえたビジネスに直結するインサイトを提供 インバウンド その中で、メリット1で述べたように、タイには日本とアジアと世界をつなぐ「ハブ」としての機能があります。こちらは、今後アジアから世界に進出を考える企業にとって魅力的であり続けることは間違いありません。また、中間層や富裕層が増加する中で、高齢者も増加していることにより、介護福祉、医療サービスへの商機が拡大していきます。総じて、新たな進出商機が広がっているといえます。, また、首都バンコクの成熟により、地方ビジネスへの期待がかかります。タイに進出しているほとんどの日本企業はバンコクに拠点をおいています。デメリット3で述べた“所得の地域格差の現状”からもわかるように、首都にお金も人も集中しているのです。そのため、バンコク内では日本企業の競争が増し、地方に活路を見出そうとするも、市場開拓が難しいということになります。 アジアの中心地としてハブのなりつつあるタイ。日本人にとっても働きやすく、ビジネスを成功させやすいとして日系企業の数多くが進出しています。特に製造・物流業界の進出が多く、タイに対して積極的に投資している過去もあります。 日本進出・日本法人設立, GLOBAL ANGLEはオンライン完結型の海外市場調査サービスを提供しています。50か国70都市以上にローカルリサーチャーを有し、常に調査ができる様にスタンバイしています。現地の言語で、現地の人により、現地市場を調べることで生きた情報を抽出します。シンガポール本部コンサルタントチームは海外事業コンサルティングを行っているスタッフで形成されている為、現地から取得した情報を標準化されたフォーマットに落とし込み、成果物品質はコンサルクオリティを保証します。, 海外ビジネスプロシェッショナルが長年培った人脈・ノウハウをフル活用し、貴社のもう一人の海外事業部長として海外事業を推進します。 , 全ての企業と個人のグローバル化を支援するのが、サイエストの使命です。 訪日外国人向けマーケティング ・中小企業の進出数が大企業を上回る 撤退支援 日本のものづくり企業の多くは、日本で企画・開発した技術や製品を海外で量産するという流れが主になってきました。しかし、日本人による発想では、海外市場のユーザーが本当に求める製品が作れていない可能性があります。 たとえば、家電。 日系企業が欧州の拠点としてドイツを選ぶ理由 東京商工リサーチ株式会社の2017年度の調査によると、ドイツの日系企業の会社、及び拠点数は、英国の631社、4083拠点に次ぐ、592社2,231拠点でした。ドイツは英語圏ではないもののフランスに比べると英語が通じやすいという利点もあります。  輸入許可申請手続き その内訳としては、タイ現地法人が637拠点(本店188拠点・支店など47拠点・合弁企業274拠点・日本人が海外で興した企業128拠点)となっており、日本企業の支店または駐在員事務所および出張所などが164拠点(支店20拠点・駐在員事務所および出張所144拠点)となっています。 かつては安価な労働力を確保できるという理由で製造業中心に進出していましたが、タイの経済が発展するにつれて国民の所得が増え、消費市場として捉える企業が増えてきました。 輸出入・貿易・通関 海外進出の理由とは? 最初に、企業が海外進出をする理由について見ていこう。 国内市場の規模縮小. もちろん、国全体の発展に伴って近年は上昇傾向にありますが、現状大きなメリットのひとつとなっているのは間違いありません。, まず、少子高齢化が進んでいて、人口減少に進んでいるということがあります。東南アジアというと人口が急増しているというイメージもありますが、タイでは、65歳以上の人口が全体の14%を超す高齢社会が、2022年には到来するといわれているのです。近い将来、日本と同様に労働力の低下、消費マーケットの縮小は避けられない事態が予測されています。 日本人気の高まりにより、日本企業のバンコク内で競争が激化し、地方に活路を見出そうとしても市場を開拓できないというジレンマが生まれます。, ここからは、タイに進出している日本企業の意図と進出動向について解説します。 サイエストは、創業メンバーが様々な海外展開事業に携わる中で、特に日本企業の製品、サービス、コンテンツには非常に多くの可能性を秘めていると、確信するに至りました。 中華圏進出サポート歴11年、大企業・中小企業・地方自治体のご支援250社以上 (Magento、ローンチカート、Shopify、Wordpress、天猫Tmall国際、ジンドン、タオバオなど) 第6章 円高を背景とした企業の海外進出 本章では,1980年代後半の円高を受けて活発化した日本企業の海外進出につ いて記述する.まず,製造業がasean等に進出し,新たなアジア内分業ネッ 一方で人件費が向上しているという事実もあり、日本と比べて安価な労働コストで生産できていた時代から変わりつつあります。, タイは立地に恵まれておりアジアの中心に位置しているため、他のアジアの隣国へも数時間以内でアクセスできるのが特徴です。タイだけでなくアジア周辺国、世界各国への進出を計画している企業にとって好条件の一つになります。, またタイでは南部経済回廊(Southern Economic Corridor : SEC)が注目を集めており、鉄道計画などのインフラを整備することで、タイを中心に東南アジアの物流環境の改善に取り組んでいます。, タイは他の国には類を見ないほどに日本人が多く滞在している国です。まず日本人が住みやすい環境であり、私生活に支障なく仕事に集中できる点は、進出する際の一つのメリットといえます。日本食レストランも多く、海外にありがちな「食生活の問題」に困ることはほとんどないでしょう。, また進出企業数も多いことから、過去にタイ進出に成功している企業から成功事例として学ぶこともできます。日本人コミュニティを形成しやすく、現地で経験を積まれている人からのアドバイスや、ネットでは得られないような有益な情報にもアクセスできます。, 実際にタイ現地では日本人によるセミナーやイベントなども多く開催されているので、タイに訪れた際はそのようなイベントに参加することをお勧めします。, アジア全体的に中間所得者層は増加傾向にあり、調査会社ユーロモニター・インターナショナルによると、タイでは2020年までに8割以上の世帯が中間所得者以上になり、富裕層は10%を超えると予測されています。, これらの中間所得者層および、富裕層の増加に伴い、消費活動がより促進されると予想され、これまでの生産する国から消費する国へと考え方がシフトしています。, バンコクに行ったことがある方はよく見かけたと思いますが、日系の飲食店やコンビニ、小売店などが多く進出しており、タイに新たな商機を見据えて進出する企業が増えています。, タイ政府はブロードバンドの人口普及率を引き上げるため「National Broadband Policy」という策定を閣議決定しました。また政府は携帯電話普及も促進したことで、2016年時点でのタイの携帯電話契約数は1億1800万件で、人口普及率は 175.5%になります。, またスマートフォン普及率は全国平均で50.5%、都市部では60%、バンコクに限っては70.3%と高い普及率です。(タイコンテンツ市場調査(2017 年度版)), アプリやウェブサービスを持っている企業の場合、サービスのローカライズを徹底することで、現地法人を持たなかったとしてもweb広告でプロモーションできるという点が一つの特徴といえます。, 先ほどスマートフォンの普及率について触れましたが、現地のニーズや受け入れられるサービスを理解し作ることができれば、日本に滞在しながらでもオンライン上で現地顧客にアプローチすることができます。, 例えばタイの主流のソーシャルメディアはfacebookですが、facebookの広告プラットフォームを通してローカルの顧客に効率的にアプローチし、もしその運営体制で軌道に乗れば、現地進出する際にかかるコストを削減することができます。, 先ほど、中間所得者層が増えていることについて述べましたが、実はタイでも日本同様に少子高齢化、および人口減少が進んでいます。東南アジアと聞くと、これから人口が増加していくことがイメージされがちですが、実はタイでは、アジア主要新興国のなかでも早いペースで高齢化が進んでおり、65歳以上人口比率は現状の約1割から2030年代に2割を上回ると見込まれています。, そのため日本と同様に、近い将来において労働力や消費マーケットの縮小に関する課題に直面するであろうと予測されています。, タイ労働省によると、全国で2020年1月1日から日額の最低賃金の引き上げる方針を打ち出しました。最低賃金がもっとも高くなるのは、チョンブリー県とプーケット県(336バーツ)で、ラヨーン県(335バーツ)やバンコク都(331バーツ)と続きます。2001年の頃の最低賃金が133〜165バーツであったのに比べるとこの20年間で約2倍に最低賃金が上昇していることがわかります。(タイ国 最低賃金推移表(1989年~2020年)), これまでは製造業を中心に製造拠点としてタイに進出しており、人材に関する費用は「コスト」として捉えられており、従業員の育成など注力する企業もそこまで多くありませんでした。人材育成の観点でも日本人中心に注力されてきましたが、現在では状況が変化し、タイ人スタッフの育成・教育、マネジメントやローカルスタッフへの権限委譲が課題となっています。, タイでは、ローカルの方でも日本食や日本文化が好きであったり、日本の情景が好きで何度も日本に足を運ぶタイ人観光客や、日本語が堪能なタイ人の方も珍しくありません。, 日本の文化はタイに広く浸透しており、これを「親日国家」とメディアなどは呼ぶかもしれません。一方でタイで日本食や文化が受け入れられていることと、日本の全ての製品が受け入れられることは必ずしもイコールではありません。そのため進出する際には事前に事業計画の作成や市場調査なども実施し、謙虚な姿勢を持ってローカル市場に参入することが求められます。, これまで述べてきたようにタイは日本人にとってビジネスをしやすい環境といえます。一方で、タイ国民の嗜好性の変化や、テクノロジーの進歩による生活習慣への影響など、常にビジネス環境の変化に敏感になる必要があります。, 現在ではテクノロジーの進歩により日本からでもwebマーケティングなどをできる時代になり、あらゆる手段を用いて自社サービスのプロモーションを海外で実施することができます。海外進出を考えられている方はタイへの進出を一度検討してみてはいかがでしょうか。, 東南アジアに進出しようと考えている方はこちら↓ 海外進出総合支援 海外向けECサイト構築 つまり、タイでは過去数十年にわたって、軍事クーデターと街頭デモが繰り返されていることになります。 日本企業の海外進出。その理由は?【課題・業界も解説します】 記事更新日:2020年05月15日 | 初回公開日:2020年02月14日 人事・労務お役立ち情報 グローバル経済 グローバル用語解説 日本企業の特徴として、海外展開に尻込みしてしまう点が挙げられます。 かつては、メリット2で述べたように、拡大し続ける「日本マーケット」や、メリット3「安価なコスト」に惹かれ多くの日本企業が進出をしました。しかし、特に首都バンコクが、成熟に向かう経済動向や少子高齢化を迎えていることからわかるように、タイのマーケットが変化しつつあるのです。 昔は観光や農業で成り立っていた、タイですが現在は日本企業をはじめとする多くの外資系企業が進出しています。その結果として、タイは「aseanの工場」として大きな経済発展を遂げました。バンコクへ日本企業が進出するわけと、多く […] サイエストは、日本の優れた人材、企業、サービス、文化を世界に幅広く紹介し、より志が開かれた社会を世界中に作り出していくための企業として、2013年5月に設立されました。 海外会社設立・登記代行 海外テストマーケティング・簡易調査(タオバオ現地モール出品、上海TV顧客販路テストマーケティングなど) M&A支援 ともに考え、ともに走る。時にはコンサルタントの立場を超え「伴走者」として企業様と一緒にビジネスを成功に導く。それが弊社の考えです。 東南アジアへの日本企業進出が加速しています。日本企業はなぜ東南アジアへ進出し、どのような効果を期待しているのでしょうか。aseanの実状と今後の予測からその理由を考え、今後進出が増えると予測される国について解説します。 と捉え、それぞれに本質的なソリューションを提供してまいります。 バンコクには今も多くの日本企業が集積しています。日本企業のタイへの関心は年々高まりタイへの進出は衰えるがありません。日本人及び、日本企業が出資し設立された法人数は7千社を超えています。バンコクが日本企業に好まれる理由など […] 海外進出戦略 海外進出を検討する日本企業が増えている第一の理由は、国内の市場規模が縮小しているからだ。下のグラフは、日本の人口の推移を示したものである。 中でも日本人が集まるバンコクのタニヤ通りは、日系企業のタイ進出が始まった1970年代から、日本人駐在員や旅行者の「夜の憩いの場」として名をはせてきた。 タイのタニヤ通りで、店の前に座り客を待つ性風俗店の従業員ら=10月6日 販路拡大(営業代行・販売代理店探し) (前回調査比), 数年前から製造業よりも非製造業の進出数が上回ったり、中小企業の海外進出数の増加は、製造業中心の海外進出から考えると大きな変化ではないでしょうか。 アジア各国の名目GDP成長予測 (IMF World Economic Outlook 2016年10月版)によると、2021年までのタイ国内総生産(GDP)成長率は、年平均4.3%で成長することが予測されています。ASEAN各国の中ではシンガポールに次ぐ低い成長率となっています。年7〜10%の成長が予測される他のASEAN諸国に比べるとやはり、その成長率には物足りなさを感じてしまいます。実際に2016年はASEANの中で2位のGDPであったものの、2021年にはフィリピンとマレーシアに抜かされ4位に転落してしまうという予測もあります。数字を見ると、停滞傾向にあると言えるでしょう。 「今、海外進出を考えている方」も「いつか海外進出をしたい方」もまずは、Digima~出島~無料メルマガに登録しましょう! 海外送金 新興国への進出に関してのご相談、不明なことやお困りのことなどがあれば、お気軽にご相談ください。, タイEC(通販)の基礎知識 | 人気ECサイトランキング・市場規模・EC決済事情…ほか, Digima~出島~ではタイ進出サポート企業の無料紹介・視察アレンジ等の進出支援サービスの提供・タイビジネス情報の提供により御社のタイ進出を徹底サポート致します。. 中国ニュースサイトプレスリリース配信 大企業の進出数は 404 社の増加に対し、中小企業は 432 社の増加 なるべく低リスクで、実際に効果のあるプロモーション施策をオーダーメイドで タイ進出支援朝日ビジネスソリューション(タイランド)では、タイでの会社設立登記、boi認可申請、タイでの労働許可証、ワークパーミットの取得申請から会計、税務、タイ国内の法律相談まで日系企業のタイ進出を支援致します。 タイへ進出した際のビジネス上のメリット&デメリットについて解説します。さらには、タイに進出した日本企業の意図と最新の進出動向に加えて、タイ事業の成功のカギを握る、タイ進出を支援する海外進出サポート企業の探し方についてもレクチャーします。 貿易支援 近年、グローバル化が急激に進むにつれ日本の多くの企業が海外に進出して行っています。 そこで今回はなぜ海外進出をする日本企業が増えているのかを解説していきます。 【日本企業が海外進出する理由】 日本企業が海外進出する理由の1つ目は、国内市場の縮小です。 中国・台湾越境ECテストマーケティング  ・海外M&A: 以上のことから、今後もさらに質のいい「日本製品」の人気がタイで高まっていくことが充分に予想できます。, みっつ目は、やはり低コストでの進出が可能ということです。タイの人件費は日本の約1/4と言われています。大学進学率は40%を超え、安価で勤勉な労働力を活用した事業展開が可能です。また、オフィスのレンタル料も、やはり日本の1/4くらいで、他のアジア諸国に比べても安価です。安価な事業コストで高付加価値なビジネスを展開し、日本では利益の出しにくい事業でも大きな利益率が実現できる可能性が高いです。 販路拡大 またSDGsという観点から御社の海外ビジネスをサポート致します。 しかしタイに進出している日系企業の目的は、コスト重視で進出してきていることが多く、「商品の現地化」「製造の現地化」などは推進して来ましたが、そもそも「人材」に対する期待や関心が低い状況からのスタートになっています。  労務管理 近年、日系企業がベトナムへの投資を積極的に行っている中、日系飲食店チェーンの出店数も急増傾向にあります。5年前の出店数約700店と比べると、2020年の現在は約1,500店と約2倍になっています。日系飲食店チェーンがベトネムへ進出する理由と成功のためのポイントを紹介します。 そこで、今進出する日本企業に求められることは「協力」です。バンコク郊外にも鉄道が開通し始め、それと同時に地方にも住宅街が開発されているのは事実です。その中で、進出している日本企業同士が「協力」することにより、一企業では厳しい市場開拓をともに実践していくための活路が見出されます。一昔前のタイとは異なる、新たな商機が広がろうとしているのです。, ただ、“日本企業の「協力」こそが必要不可欠である”とは言っても、それぞれの企業が自ら挑戦を続けなければ、そこに未来はありません。そのためには、手間暇をかけた、タイ現地のビジネスシーンのリサーチと準備が非常に大切であることは言うまでもありません。   海外向けデジタルマーケティング (3)海外企業とのネットワーク不足 海外ビジネス全般に関わるサポート 中国企業のタイ進出と在タイ日系企業への影響 2020年02月19日 熊谷章太郎 中国企業は国際競争力の高まり、国内労働コストの上昇、米中貿易戦争の深刻化などを背景に、東南・南アジアでの事業展開を本格化させつつある。 多言語サイト制作 アジアマーケットのハブとなっているタイ。多くの日本企業が進出をしており、その進出成功率は約80%とも言われています。首都バンコクを中心に、アジア諸国連合(ASEAN)の中でも著しい発展を遂げてきました。現在、少子高齢化を迎えているものの、依然として中間層や富裕層は拡大し続けています。 ご提案いたします 結局のところ、進出サポート企業を探すにあたっては、どんな選択をしたところでリスクは避けられません。だからこそ、1社だけに絞るのではなく、複数のサポート企業を「比較する」ことが重要なのです。オンライン検索でも知人の紹介でも、あるいは口コミでも、候補先の企業が選定できたら、まずは「問い合わせ」をすることが大切です。 ただ、海外市場開拓の可能性はあるものの、その実現に苦労している企業も少なくありません。 (タイでは2020年3月からコロナが本格的に流行し、多くの日系企業が事業方針の転換に迫られているため、今後公表される調査の数字が変動する可能性があります。), 先ほどの日系企業による海外進出の変化にもあったように、タイの経済発展につれて、タイで展開する事業内容も変わってきています。 そもそも、リサーチ及び準備作業と一口にいっても、そのタスクの内訳は多岐に渡るはずです。それらは市場調査およびフィジビリティスタディ(企業が作成した事業計画を実行に移す際に、実現可能性を検証・調査すること)に始まり、あるいは中国ならではの商習慣や法令についてであったり、会計・税務関係に及ぶこともあるでしょう。当然ながら現地での会社設立や登記代行のリサーチも重要ですし、それこそ項目を挙げていったらキリがありません。, そこで、ひとつの選択肢として浮かび上がってくるのが、「自社の海外事業における準備及びリサーチに必要なタスクを専門家にアウトソーシングする」ということです。 さらに、健康ブームが高まるタイでは、日本食への人気も、和食が持つヘルシーというイメージにより、高まってきています。さらに日本食への人気から日本への関心も高まっており、タイでの「日本マーケット」は拡大し続けているのです。2020年には中間所得層が人口の半数を超えるとも予測されており、事実、1990年から2008年の間で、中間層および富裕層の人口全体に占める割合が、28.5%から58.7%に増加しています。 現地アポイント取得代行 (KOL、動画、ブログ投稿、百度SEO) 海外法務 中小企業こそが海外に目を向けるべき理由. 拠点設立 「SDGsと聞くけど、なんのために取り組むの?」 海外向けEC決済(Alipay, WechatPay, 台湾・香港後払い、コンビニ決済) ここからは、タイに進出している日本企業の意図と進出動向について解説します。 2017年10月1日時点でタイに進出している日系企業数は、前年比+120%増となる3,925拠点となっています。前年の1,783拠点と比較すると飛躍的な増加となっています。 運営支援 に該当する企業が48.4%(1879 社)よりも高くなっているが、タイに進出している企業の多くが製造業であるという ことは共通している。 以下では、タイに進出している企業のうち、製造業に焦点を当てる。なかでも特に機械金属業種に分析対象 を限定する。 「Digima〜出島〜」には、厳選な審査を通過した優良なタイ進出サポート企業が多数登録しています。当然、複数の企業の比較検討も可能です。「タイ進出の戦略についてサポートしてほしい」「タイでの事業計画立案のアドバイスがほしい」「タイに進出したいが何から始めていいのかわからない」…といった、多岐に渡るタイ進出におけるご質問・ご相談を承っています。  インフォグラフィック制作 その傾向が顕著になっています。, Shopee(ショッピー)の母体である、Sea(旧称 Garena)も、上記ユニコーン企業のひとつです!, 格闘ゲー g 日系企業が欧州の拠点としてドイツを選ぶ理由 東京商工リサーチ株式会社の2017年度の調査によると、ドイツの日系企業の会社、及び拠点数は、英国の631社、4083拠点に次ぐ、592社2,231拠点でした。ドイツは英語圏ではないもののフランスに比べると英語が通じやすいという利点もあります。 (姫田小夏:ジャーナリスト)日本のメーカーが海外進出を図る際、有力候補地の筆頭に挙がるのがタイである。トヨタに代表されるように、タイに最初の海外拠点を設立した企…(2020年9月15日 … SDGs戦略立案、SDGs社内浸透のための研修、現地でのSDGsビジネス実施、公的機関のスキームへの応募や実施等、御社のご要望に応じてお手伝い致します。 製造業の 199 社の増加に対し、非製造業は 629 社の増加(前回調査比) 日本企業進出の要因を人的資源の側面から見ていくと、まず、人件費の安さが挙げられます。中国やタイよりも人件費が低廉なこともあり、製造業では「タイプラスワン」とも呼ばれているのです。 YCPでは各拠点にてコンサルティングサービスだけでなく自社事業を展開しています。市場調査フェーズからスキーム構築/定常的なビジネスマネジメントまで、事業主として一人称で取り組んできたからこそ得られた現地市場ノウハウや専門知識を活用し、教科書的な「べき論」に終始せず、ヒト/モノ/カネの観点から海外展開リスクを最小化するためのサービス開発を行っています。 また、2016年10月には、タイのプミポン・アドゥンヤデート国王(ラマ9世)が逝去しました。時に、国王自ら政治混乱に直接介入することで、事態の収拾を図るなどして、タイ社会の安定の要として存在感を発揮した名君です。そのため、国民から絶大な支持と尊敬を集めていました。その逝去の際には、多くの国民は悲しみに暮れ、その労働意欲や購買意欲にまでも影響を与えるほどでした。国全体に自粛ムードが広がる中、実際に一部の日本企業の売上も減少傾向にあったのです。 企業紹介 コンプレッサ、真空ポンプ、塗装機器を専門に扱う、1926年創業の老舗メーカー「アネスト岩田」。タイには2005年、日系コンプレッサメーカーとして初進出。 自社の海外事業について、その道の専門家と話をするだけでも、新たな気づきがあるはずです。仮に具体的なソリューションの提案にまでは至らなくても、それは御社の事業にとって、とても大きな一歩なのです。, 今回は「タイ進出のメリット・デメリット&優良な進出サポート企業の探し方」について解説しました。 Digima~出島~では海外ビジネス進出サポート企業の無料紹介・視察アレンジ等の進出支援サービスの提供・海外ビジネス情報の提供により御社の海外進出を徹底サポート致します。, 世界の高齢化率ランキング |「高齢化大国」中国の未来と「シニア先進国」日本発の高齢者ビジネス, 「世界の高齢化率ランキング」をメインテーマに、加速する「中国の高齢化」の実情と未来について解説します。加えて補足事項として、2020年3月現在、世界を覆いつつある新型コロナウイルスの感染拡大と世界の高齢化の関連性についても考察します。 さらに本テキストのメインテーマでもある、高齢化大国・中国を凌駕す […], 「タイ物流の基礎知識」として、タイ物流の最新事情、ASEANにおける「タイ物流の優位性&重要性」について、さらには日本企業にとってのタイ物流のメリット・デメリットなどについて解説します。 結論から言えば、タイ物流を理解することは、そのままASEAN諸国における物流事情の理解にもつながります。また、自 […], 75,000超! 日本企業の海外進出拠点の「国別割合・進出形態・目的」を徹底分析!, 本記事では、最新の海外に進出している日本企業の総数(拠点数)とその推移について「国別割合/進出形態/目的」などを通して分析し、海外ビジネスに役立つ情報を提供いたします。 2017年10月時点で日本企業の海外拠点数は75,531拠点。前年の2016年と比較して3,711拠点の増加(約5.2%)となって […]. 企業紹介 コンプレッサ、真空ポンプ、塗装機器を専門に扱う、1926年創業の老舗メーカー「アネスト岩田」。タイには2005年、日系コンプレッサメーカーとして初進出。 また、組織を構成する個人のグローバル化も支援し、より優れた人材、企業、そしてサービスや文化を世界中に発信してまいります。 日本企業進出の要因を人的資源の側面から見ていくと、まず、人件費の安さが挙げられます。中国やタイよりも人件費が低廉なこともあり、製造業では「タイプラスワン」とも呼ばれているのです。 現地での視察工程の作成、訪問先アポの取り付けや通訳といったスタートアップ支援から、海外事業戦略の作成、現地パートナー候補機関の選定、販路開拓のための調査やテスト販売、人材育成や組織づくりなど、お客様のニーズに合わせたサービスをご提供いたします。 海外販路開拓・マーケティング 日系企業のタイ進出の流れと展望 2019年4月1日時点で、日本企業の1,772社(内製造業691社、非製造業681社)がバンコク日本人商工会議所に登録を行っており、累計で8,890社(2014年11月時点)もの日系企業が、商務省に登録されています。 海外企業との契約書作成・リーガルチェック タイは現在約も60の工業団地が存在します。 タイ工業団地公社のデータによると、タイ工業団地公社と関係のある50の工業団地の内、その入居者の実に40%以上が日系企業です。 日本の製造業がタイに進出する理由は、賃金の安さだけが理由ではありません。 日本企業の海外展開支援サイト「tenkai」が海外進出に関する濃厚でリアルな情報をお届けする当コラム、記念すべき第1回目は「日本企業が海外進出を検討すべき理由」についてお話ししたいと思います。 海外進出のメリットと注意点 その1 コストを抑えられる そんな今のタイに進出するメリット・デメリットとは何でしょうか? 本テキストでは、まずメリット・デメリットについてまとめた上で、最新の経済状況のデータをもとに、その背景を分析。さらに、アナタのタイビジネス成功のカギを握る、タイ進出サポート企業の探し方についてもお教えします。, まず、タイ進出の大きなメリットは、アジア周辺国や世界進出に向けた「ハブ」として活用できることです。タイは、マレーシア、カンボジア、ラオス、ミャンマーなどの東南アジア諸国の中心に位置しています。2014年には、タイ、ベトナム、カンボジアのインドシナ半島の南部地域を東西につなぐ陸路、「南部経済回廊」が整備されました。それにより、タイを中心に東南アジアの物流環境が改善されました。 タイはアジアの中でも中心的な存在になりつつあり、世界各国の企業が進出しています。なかでも日系企業の進出が多く、タイに住む日本人の数は7万5,647人(2018年10月、在留邦人数調査統計)と、米国や中国、オーストラリアに次いで日本人の多い国です。 近年、日本企業の国内事業環境が厳しい局面を迎える中、アジアを筆頭にした新興国が世界経済で存在感を増しています。 ・海外調査:  物流手配 ご連絡をいただければ、海外進出専門コンシェルジュが、御社にピッタリのタイ進出サポート企業をご紹介いたします。まずはお気軽にご相談ください。, (当コンテンツの情報について) 海外進出を検討する日本企業が増えている第一の理由は、国内の市場規模が縮小しているからだ。下のグラフは、日本の人口の推移を示したものである。 日本の仕事をタイに流すアウトソース先としての使い方は考えておらず、現地のマーケットを対象にしていました。 ――whaが2018年8月に更新したデータでは、whaの工業団地に進出している企業は国別に日本が最大の36%、ついでタイの19%、欧州12%、米国8%、オーストラリア4%、台湾4%、中国4%、韓国3%、イ … 海外市場調査・マーケティング、海外WEBプロモーション 企業調査・与信調査 近年、タイ進出済みの日系企業の中でも優勝劣敗が進んでいます。日系企業がタイで事業展開していくための成功のポイントはどこにあるのでしょうか。売上が伸び悩んでいる企業の共通課題と課題解決のポイントをまとめました。 はじめにタイへ進出する日系企業  財務管理 事業戦略~実行までの各フェーズにて、全ての業務を完全に代行 また、タイ人の平均寿命は74歳である一方、一人の女性が子供を産む指標となる出生率が低下しています。同じく少子高齢化と言われる日本の1.43人よりも低い1.40人となっています。そのため、日本より早いスピードで高齢化の波が押し寄せ、この問題への対応が今後の国の成長を左右するといっても過言ではありません。長期的に見ると、それが日本企業への打撃となる可能性も非常に高いのです。, ふたつ目は、経済が政治に左右される事があるということが挙げられます。軍事政権から立憲君主制に移行したタイですが、度々軍事クーデターが起こりました。反政府軍のクーデターにより、治安が悪化することもあります。現地進出する日本企業にとって、やはり治安悪化は大きな問題となるでしょう。 (1)海外事業の担当人材の不足 近年、タイ進出済みの日系企業の中でも優勝劣敗が進んでいます。日系企業がタイで事業展開していくための成功のポイントはどこにあるのでしょうか。売上が伸び悩んでいる企業の共通課題と課題解決のポイントをまとめました。 はじめにタイへ進出する日系企業 もちろん、その全てをアウトソーシングする必要はありません。これまでに培ってきた自社の強みは活かしつつ、知見が乏しい分野においては、その道のプロの専門家のサポートを受けるという選択も充分に効果的なのです。もし御社が初めてタイ進出に挑戦する段階であるならば、なおのことタイ専門の進出サポート企業の支援を検討することをオススメいたします。, そんなタイ専門の進出サポート企業を探す際に、もっとも手間のかからない方法は、やはりインターネット上のオンライン検索になります。ただ、先述したように、各進出サポート企業のHP上に記載している情報だけでは、なかなか判断に悩むところですし、それだけで決めてしまうのは早計です。 ここでは中小企業が海外進出する際のメリットやデメリットについて解説します。 中小企業こそが海外に目を向けるべき理由. Company registration in Thai (タイでの起業・進出) 企業進出の足場としてタイが選ばれる理由をいくつか 観光と農業で成り立っていたタイも今や昔で、日本企業をはじめとする外資企業の進出により、タイは「ASEANの工場」として大経済発展を遂げました。 (英語、中国語) 最初にタイに進出した理由. 日本企業が海外進出する理由は数多くあり、具体的には国内市場の縮小・海外市場の大きさ・人件費の安さ・取引先の海外進出などがあげられます。 では、それぞれ具体的に見ていきましょう。 企業の海外進出が必要な理由とは?成功事例・失敗事例から見えてくる法則 (Wechat, Weibo, Facebook, Instagramなど) 「SDGsと企業戦略を結びつけるためにはどうしたらよいの?」 海外商標・特許申請 に該当する企業が48.4%(1879 社)よりも高くなっているが、タイに進出している企業の多くが製造業であるという ことは共通している。 以下では、タイに進出している企業のうち、製造業に焦点を当てる。なかでも特に機械金属業種に分析対象 を限定する。 今回は日系企業のタイへの進出企業数の推移についてお話します。 バンコク日本人商工会議所設立当時(1954年)の会員数は30社 でした。 しかし、1985年のプラザ合意以降の円高による海外投資ブ ームから、世界経済のグローバル化を経て、1990年代に急増してい ます。 また、2016年10月には、タイのプミポン・アドゥンヤデート国王(ラマ9世)が逝去しました。時に、国王自ら政治混乱に直接介入することで、事態の収拾を図るなどして、タイ社会の安定の要として存在感を発揮した名君です。そのため、国民から絶大な支持と尊敬を集めていました。その逝去の際には、多くの国民は悲しみに暮れ、その労働意欲や購買意欲にまでも影響を与えるほどでした。国全体に自粛ムードが広がる中、実際に一部の日本企業の売上も減少傾向にあったのです。 特にベトナム・スリランカ・ラオスには現地法人を構え、現地の習慣やビジネスに精通した日本人あるいは日本語が堪能なローカルスタッフが所長を務めています。ミャンマー、マレーシア、インドネシアには現地提携先があり、その他世界各国において幅広いネットワークを構築しております。 それに伴い、世界中の企業がアジアなどの新興マーケットの開拓を重要な経営戦略のひとつと位置付け、一層注力の度合いを高めています。 という疑問にお答えします。 そもそもタイに限らず、海外での拠点設立には専門的な知識が必要です。行いたい業務によって、法人登記が必要かどうか、営業ライセンスが必要かどうかも変わるからです。あるいは、現地での事業可能性を調査するためには、的確な市場調査や現地視察、テストマーケティングなどが必要になります。また、展示会への出展なども有効な手段です。事業計画立案のため、タイ進出専門のコンサルタントに相談するのもいいでしょう。 日本企業の特徴として、海外展開に尻込みしてしまう点が挙げられます。日本はさまざまな分野の消費量が高い国であり、ある程度の規模の企業になれば国内だけで需要が賄えてしまいます。 現地物流 海外M&A ・海外展開完全代行: 今回はタイに進出する際にどのようなメリットがあるのか、また進出するにあたって注意する点などについてお伝えしたいと思います。, タイはアジアの中でも中心的な存在になりつつあり、世界各国の企業が進出しています。なかでも日系企業の進出が多く、タイに住む日本人の数は7万5,647人(2018年10月、在留邦人数調査統計)と、米国や中国、オーストラリアに次いで日本人の多い国です。多くの日本人が住んでいるためバンコクの街中では、日本食のレストランや日本語メニュー、日系の小売店を見かけることも多いでしょう。, 日系企業にとって魅力的なタイの全体の人口は6786.9万人(2019年)と、日本人口の約半分ほどで、信仰している宗教は仏教です。年上を敬うなど日本と似た文化を持つタイは日本人にとってもすぐに親しみやすい国だといえます。, JETROが公表している『タイ日系企業進出動向調査2017年』によると、2017年5月時点で約5,444社の日系企業がタイに拠点を構えています。, ・非製造業(農業、建設業等を除く)の進出数が製造業を上回る。 タイと日本とは120 年にわたる国交があり、また日本企業の進出の歴史も古い。それゆえ に、タイに着目する際には、なぜいまタイなのかと言えば、以上の理由がある。これらの 理由に見られるように、こんにちタイに着目する理由は十分にあると考える。 海外進出の理由とは? 最初に、企業が海外進出をする理由について見ていこう。 国内市場の規模縮小. そして、バンコクの空港からは、アジア内への移動はもちろん、中東や欧州、アフリカなどへの便も多数出ています。そのため、現在7%~10%で成長する周辺国の経済成長を後押しする、アジアマーケットのハブ機能の役割を担えるのです。アジア、そして世界への輸出拠点としてタイに進出する日本企業も少なくありません。, ふたつ目に、日本製品や日本食への需要が拡大し続けていることが挙げられます。タイに進出している日本企業数は4,567社(JETRO調査)、在留邦人数は67,424人(2015年)です。そして、旅行地としても人気のタイには多くの日本人が訪れます。そういった状況にともなって、現地での日本製品・サービスの市場も拡大してきました。実際に多くの日本食レストランや、医療サービスなどが展開されています。 第6章 円高を背景とした企業の海外進出 本章では,1980年代後半の円高を受けて活発化した日本企業の海外進出につ いて記述する.まず,製造業がasean等に進出し,新たなアジア内分業ネッ (姫田小夏:ジャーナリスト)日本のメーカーが海外進出を図る際、有力候補地の筆頭に挙がるのがタイである。トヨタに代表されるように、タイに最初の海外拠点を設立した企…(2020年9月15日 … <主要サービスメニュー> (百度リスティング広告、Weibo広告、Wechat広告、プレスリリースなど)  インフォグラフィック動画制作 日本企業が中国・タイ企業に ... このような事態を避けるためには、新たなフロンティアへの進出 ... 創価学会がそれでも「世界宗教化」する理由. ※外務省「海外進出日系企業実態調査(平成30年要約版)」より, ここからは、実際のタイの経済状況や現地ビジネスの実態をつかみ、今後の日本企業にとってのタイ進出の商機を探っていきます。 ICPライセンス取得代行 翻訳 買収後の統合実務や定常経営実務までを包括的にサポート, 【中国台湾進出ワンストップ支援】法人設立や市場調査からWeb制作、販路開拓、物流まで一気通貫, 中国、台湾、香港向けプロモーション・コンサルティング会社 タイ進出のメリット・デメリット、コンサルティング内容や日本の進出企業について解説しています。計332件(製造業102件、技術49件、BtoB48件、IT35件、小売り37件、サービス25件、不動産36件)の圧倒的なタイ進出支援の経験とノウハウを御社のために。 外国人の法人登記とその後の必要手続に馴れていないタイローカルの法律事務所や不動産仲介会社では、(1)を知らなかったり、(2)は知っていても乗っ取り防止のアイデアを提案してくれなかったり、外国人のビザや労働許可のことをあらかじめ想定せず(3)を適当にやってしまうこともあるそうですが、まあ、タイですからよくある話です。また、現実的には、当初に200万バーツの資金が用意できていない、パートナーとなるタイ人が居ない、設立当初はまだ多くのタイ人スタッフを雇用したくないと … (2)海外事業の運営ノウハウの不足 中国法人登記代行 タイ進出支援朝日ビジネスソリューション(タイランド)では、タイでの会社設立登記、boi認可申請、タイでの労働許可証、ワークパーミットの取得申請から会計、税務、タイ国内の法律相談まで日系企業のタイ進出を支援致します。  コンセプト修正 委託先、アウトソース 大国・中国や新興国ベトナムなどと同様に、タイにおけるビジネスシーンも、スピーディかつ変化に富んだ状況になりつつあります。そのような状況において、タイという国への理解を深めつつ、さらに自社のみでタイでのビジネス市場を調査することは、なによりも“時間”という最も重要なリソースを消費することに他なりません。 その傾向が顕著になっています。, Shopee(ショッピー)の母体である、Sea(旧称 Garena)も、上記ユニコーン企業のひとつです!, 格闘ゲー g  日本からの輸入が必要な商品・機材の確認 我々はその課題を 現地日本人向けプロモーション 日本企業の海外展開支援サイト「tenkai」が海外進出に関する濃厚でリアルな情報をお届けする当コラム、記念すべき第1回目は「日本企業が海外進出を検討すべき理由」についてお話ししたいと思います。 海外進出のメリットと注意点 その1 コストを抑えられる タイは現在約も60の工業団地が存在します。 タイ工業団地公社のデータによると、タイ工業団地公社と関係のある50の工業団地の内、その入居者の実に40%以上が日系企業です。 日本の製造業がタイに進出する理由は、賃金の安さだけが理由ではありません。  ブランディング  オペレーション管理 ソーシャルメディアで海外展開 政治動向が国民の労働意欲や購買意欲までも左右してしまうことは、その国に進出する日本企業にとっては、デメリットのひとつとなってしまうでしょう。, さらに、所得の地域差によるマーケット事情が挙げられます。著しい経済成長を遂げたタイとはいえ、その成長はおもにバンコクとバンコク近郊のみとなっています。まだまだ所得格差は大きく、地方にまで経済発展の恩恵が波及しているとは言えません。現地の若い働き手が、より高い収入を求めて首都バンコクに移り続けていることも、所得の地域差を生み出している一因です。そのため、地方都市は貧しさが残り、現状では、タイ全土を均等なマーケットとしてとらえることは困難です。そもそも中間層以下の庶民には、日本の商品は手が届かないという現実があります。 また、知人からの紹介といった探し方も有効ですが、自社の事業及び相談内容が、お知り合いの方のケースとぴったり一致することは難しいでしょうし、そのサポート企業の担当者との相性もあるでしょう。関係性が近いため、何かトラブルがあった場合、かえって断りにくい…というケースもあるかもしれません。 そうして、活発で明るい社会づくりに貢献することで、日本はもちろん、世界から広く必要とされる企業を目指します。, 弊社は、新興国における「地域づくり、人づくり、組織づくり」を手掛けるコンサルティング会社です。これまで、新興国/途上国でのビジネスを目指す企業様や、JICA(独立行政法人国際協力機構)や経済産業省などをはじめとするODA関連機関をクライアントとし、世界約70ヵ国においてコンサルティングサービスを提供してきました。 中でも日本人が集まるバンコクのタニヤ通りは、日系企業のタイ進出が始まった1970年代から、日本人駐在員や旅行者の「夜の憩いの場」として名をはせてきた。 タイのタニヤ通りで、店の前に座り客を待つ性風俗店の従業員ら=10月6日 海外WEBプロモーション 海外広告・プロモーション 東アジア諸国へ海外進出するメリット・デメリットを国別に徹底解説, まじすけ株式会社では、世界20ヵ国以上の現地マーケターと共に、日本企業の海外進出を支援しています。ご相談、ご質問など、お気軽にお問い合わせくださいませ。, まじすけ株式会社では世界20ヵ国以上の現地マーケターと共に、BtoCサービスの海外マーケティングを支援しています。「自社の商品やサービスを海外に展開したい」、「どこの国をターゲットにするか悩んでいる」などご質問・お悩みがありましたら、お気軽にご相談ください。, インスタグラムのベストな投稿時間って?海外でいいねがもらえるベストな時間を徹底調査!. 中国人スタッフの教育研修 弊社が最初にタイに進出した理由は以下の2点です。 オフショアではなく現地のマーケットを狙っていた. 海外市場調査・マーケティング 海外ECモール出品代行 海外ビジネスに関する情報につきましては、当サイトに掲載の海外進出支援の専門家の方々に直接お問い合わせ頂ければ幸いです。, あなたの海外進出・海外ビジネスの課題を解決に導く、日本最大級の海外ビジネス支援プラットフォームです。どうぞお気軽にお問い合わせください!, 自社事業の海外展開実績を活かしてアジア圏への海外展開を完全代行、調査やM&Aもサポート, マッキンゼー/ボストンコンサルティンググループ/ゴールドマンサックス/P&G出身者を中心とする250人規模の多機能チームが、世界20拠点に構えるグループ現地法人にて事業展開する中で蓄積した成功&失敗体験に基づく「ビジネス結果に直結する」実践的かつ包括的な海外展開サポートを提供します。 2017年10月1日時点でタイに進出している日系企業数は、前年比+120%増となる3,925拠点となっています。前年の1,783拠点と比較すると飛躍的な増加となっています。 「SDGsの考え方を社内に浸透させるためにはどうしたらよいの?」 タイと日本とは120 年にわたる国交があり、また日本企業の進出の歴史も古い。それゆえ に、タイに着目する際には、なぜいまタイなのかと言えば、以上の理由がある。これらの 理由に見られるように、こんにちタイに着目する理由は十分にあると考える。 海外進出コンサルティング ジェトロは2020年9月1~30日、中南米に進出する日系企業(日本側出資比率10%以上の法人。 駐在員事務所、連絡事務所、現地で日本人が起業した法人は対象外)796社を対象に、アンケート調査を実施。 海外視察 当コンテンツを掲載するにあたって、その情報および内容には細心の注意を払っておりますが、掲載情報の安全性、合法性、正確性、最新性などについて保証するものではないことをご了承ください。本コンテンツの御利用により、万一ご利用者様および第三者にトラブルや損失・損害が発生したとしても、当社は一切責任を負わないものとさせていただきます。